2015年10月28日

菩薩を目指す前にまずはしっかりと自分を愛しましょう

今朝は久しぶりに不思議な夢からの目覚めでした。不思議とは今朝の場合は「たしかに夢をみていたのだけれど細かい部分をまったくおぼえていない」という不思議さ。登場人物やあとに残った感覚はハッキリしているのに… 不思議です。

で、その夢から覚めて、いつものように平日の朝の用事を済ませ、今、思うことは、「自分を守ること・愛することというのは実に難しい」ということ。

どっぷりと安冨歩先生の著書『生きる技法』の影響の中にいるのだと思うのですが(昨晩 電話出演されていたフジテレビホウドウキョクでのお話も多分に。(余談ですが 私 三浦瑠璃さんを写真以外で初めて拝見しまして、喋り方がイメージと違ったわ〜(ちょっとビックリぽん★やな〜)で、それに関連して思うこともいくつかあるのですがそれは一旦おいておきまして)・・・^^)


私の夢の中に登場してくださった方は、この時の夢と同じ昔お世話になった方(ちなみに今は年賀状だけの関係♡^^(そういえば またもうすぐ年賀状の発売やね〜(なんでも前倒し前倒しで一年が早い⁉︎★)))

島の生活: 夢の中で 2012.02.24

おとついTちゃんと散歩をしながら話した時に、この方と関係する昔話をひとつ思い出しておりまして、それが『生きる技法』にも関係するのです。

で、要点だけを書くと、「他者の戯言から自分を守ることは難しい(難しかった)」ということで、昨晩の三浦瑠璃さんのような菩薩のような考え方はたいへん尊いと思うのですが(なにをかくそう私も目指しているところなのじゃ♡^^)、だけど、これはグッチャリしていては到底辿り着くことのできない境地で、そこを目指す前にしっかりと人間である私自身を愛し守ることから始めましょう!と言っておられるのが安冨先生だと私は理解をしました。

具体的には、私は 昔 ある方(Tさん)から「夢に登場のお世話になった方(Kさん)」に「私が傾倒し過ぎている」といった主旨のことを言われ、悩んでしまった経験があり、というのは、私はたしかにKさんに傾倒していたのですが、それのどこが悪いのかということをTさんに尋ねることができず、これを 今 整理して考えてみると、尋ねなかったのには理由があり、その理由がある以上、気にする必要などなかった・悩む必要はなかった。と、今の私は思うのです。(ですからまぁ私は先に「戯言」であるという断定をしているわけなのですが、この辺についてはまた別の機会に♡^^)

とにかく、現時点での、もっと具体的に詳しく… の文章は、
非公開(自分のみ)ということにして、次へ進みます。

秋色
秋色posted by(C)モリッツィオ

posted by maurizio at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

国連ブルーに染まった週末・わたしのタイミング

土曜日、安冨歩先生の4年前の著書『生きる技法(青灯社 2011年発行)』を読み始め、半分ほど読んだあたりで一度休憩をし、残りの半分は翌日には読み終えていたのですが、アカン。一回サラッと読んだぐらいじゃあ理解している気がしない。

ていうか、とことん私自身の生きる技法に読みかえないと!と思っているのだけれど、なにせ、私、初めての経験ゆえ、ドキドキ・ワクワク・ソワソワ? 私の敵!?「ぐっちゃりぽんはん」と向き合うこともそう簡単ではなく… といった感じで、

でも、このところ、タイミングだけは、なんだか間違えていないような気がしていて、気分がいい?のと、それと、最近 使い始めたFacebookの「自分のみ」機能が、メモをとるのに便利だということに気が付いて、それを駆使しながら?!? なんとか進めております。(誤って公開してしまった時の事を考えると「オトロティ(笑)」のですが、まぁそうなったらそうなった時の事という事で、一応「厳重注意」をしながら進めています♡^^(ま、わたしの厳重注意ほどあやしいものはないのですがね★笑))


国連:「青い旗は希望の旗印」…発足から70年 光と影
- 毎日新聞


世界各地の名所、国連ブルーに染まる 創設70年記念
:朝日新聞デジタル



そして昨日はバイトが休みだったTちゃんと、いつものようにウダウダ・グダグダ・グルグル… 話し合いをしながら、夕方のHAT神戸あたりを歩き、「なんだかなぁ〜」という気分に浸っておりました。

が、しかし!
この時の「なんだかなぁ〜」とは、確実に、考え方・感じ方?の 質?? が変わっているといいますか何といいますか???

島の生活: BLUE BLUE BLUE 2012.11.29


大丈夫なんだと思います… たぶん^^


島の生活: 大事なことはそういう事と・・・ 2015.09.07
島の生活: 変化 2014.07.30
島の生活: 出会いのタイミング 2012.04.10
島の生活: これって成長? 2010.10.29

・・・

untitled(ふたり)
ちょうど1年前の秋の写真… posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

ぐっちゃりぽんとの闘い(セサミストリートの話から)

今朝は、「・・・“敵”は、親の偏見が子どもたちに植え付けられることなんですよね。・・・」という文章を読むことから始まりました。(昨日「敵は、・・・」という文章を書いたばかり!☆(でもまぁもうこれくらいのことでは驚かなくなりましたね。人間の慣れとは本当におそろしいものです♡^^))

本題の文章はこちら

病気やハンデのある子がいることを恥ずかしいとか迷惑とか思う大人が恥じるべき|りんがる|note


大好きなセサミストリート(創始者であるジム・ヘンソンはんは私の心の師匠のおひとりだす^^)のお話で、文中、「お為ごかし」「色眼鏡」、それから「自分の偏見が良識だと勘違いして難癖をつけてくるクレーマー」などの言葉にビンビンしながら、

たいへん楽しく、また有り難く、読まさしてもらいました。(「読まさしてもらう」←日本語として間違ってるんだろうなぁと思いつつ書いてます… 詳しくはまた別の機会に^^)


敵である親の偏見
ではこの親の偏見とはどこから来るものなのか?

私はこれも「ぐっちゃりぽんはん」の仕業ではないのかなぁと思うのです。この「ぐっちゃり」にはかなりやられてしまっている…★


子どもを偏見から守りたいが為に、子どもに・周囲の人々に・そして自分自身にもその偏見を植え付けてしまう… 「守りたい」のか「闘いたい」のか、はたまた「協力してもらいたい」のか、時にはそんな自分を「守ってもらいたい」なんて思ったってもいいじゃない ♡ みたいな?

この辺のところを「ぐっちゃり」と放置する(考えない・感じない・またはそのようなフリをする)から、おかしなスパイラルを作り上げたり・抜け出せなかったり・・・してしまうのではないのでしょうか??

同じように「厄介なクレーマー」というのも、少し角度というのか何かが変わることで、まったく違った存在(協力者とか?)に変身する可能性が含まれているのではないのかなぁ??

と、
私は、机上の空論を!?強化して?!
厳しい現実に挑んでみたいと思います。

Ciao^^

机上のロッカー!? チキン魂
机上のロッカー!? チキン魂 posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

ぐっちゃりぽん(懸念それは解決策?)

敵はぐっちゃりぽんはんか〜!?
島の生活: 「本気出してないだけ」について【1】
島の生活: 「本気出してないだけ」について【2】

うち、自分の曲でも「ぐっちゃり」してるなぁ〜と思うもんがぎょーさんあるから、今回は映画『俺はまだ本気出してないだけ』について色々と書いてるけんども、これは決して批判とか、ましてや誹謗中傷なんてもんとは全くの無関係やと思てるんで、その辺のとこ、あんじょう頼んまっせ〜

でな、思うんやけど、、この「ぐっちゃりぽん」がなくなったら、うちらの生活はどない変わるんどすやろなぁ〜

・・・

てな、家で付き合いで見てるNHKの朝ドラに、ある意味、すっかり、支配?を許しておますのやけど、・・・うちは、もう、「幻想」やら、「欺瞞」なんてもんとは、

仲良うする気はおへんのえ〜

大丈夫やろかなぁ〜
心配どすえ〜

ちなみに、自分の曲でぐっちゃりしてるなぁと思うのは、先日作った『うっちゃいな』『らせんのはて』

うちの二大ぐっちゃり曲やな〜

このぐっちゃり感がつまるところ↓こういうことに繋がってるんと違うんやろか?というのが、うちの懸念どす。


津波検証委、犠牲めぐる資料廃棄 | Reuters


どないなんどすやろな???

らせんのはて
らせんのはて posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「本気出してないだけ」について【2】

単なる冗談としての「本気出してないだけ」なのか、
本気を出したいんだけれど「出せていない」ということなのか、
それとも「出したくない(必死になりたくない)」なのか???

映画『俺はまだ本気出してないだけ』の世界観が私は好きなんだけれどもどうも引っ掛かるというか文句をつけたくなるというか?の理由は、ここんところがグッチャリしちゃってるからなんじゃないのかなぁ?★と思える…

この「グッチャリ」に、日頃、自分自身がかなりやられてしまっているのだと思う。ん。そういうことかも?

・・・

親の奴隷教育!?によって、すっかり「本気を出さないこと」が癖のように染み付いている私。そんな私がある時ふと気が付いて「本気を出すことは気持ちがいい」ということを知った。

島の生活: 人は変われる(本気出して・・・1 2015.10.22


だから、相手を思いやるための冗談として使われる冗談「本気出してないだけ」に文句はないのだけれど、自分自身の言い訳のために使う冗談を、きっと私は嫌悪するようになったんだろうなぁ

で、
それと、映画『俺はまだ本気出してないだけ』の「本気出してない」は、私が言うところの「必死になりたくない」ということであって? まさに『「必死になりたくない」と「本気を出さない」の混同』が起こってしまっている状態!?ということ… なのか??

島の生活: 人は変われる(本気出して・・・2 2015.10.22


そういうことか???


ハプニング*埋もれるモリッツィオ
う、埋もれるぅー posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「本気出してないだけ」について【1】

「よっしゃ本気だすわ」とか、「これはファッションやん」とか、…この手の冗談って他にどんなもんがありましたかいなぁ〜、

昨日の『俺はまだ本気出してないだけ』からず〜っと考え続けているのですが、私たち(私だけ?)を取り巻く環境の中にはしょーもない冗談が多過ぎるような気がいたしますなぁ★

まぁ、それが「潤い」だったり「遊び」だったりして、よき面も大きいのですが、というか、よき面があるからこそ人は冗談を愛するのだと思うのですが、

「冗談やん」という最強で最悪の言い訳まで同時に生み出してしまう人間って一体…

・・・

で、昨日は、私、映画『俺はまだ本気出してないだけ』に対して、私の「本気出してないだけ」を返してよ!なんてなことを書いたのですが、、、

この映画の「「こういう人がいてもいいじゃない」」みたいな、ビジョンというのか、価値観・感覚?というのは、とても好きです。

好きなんだけれど、…なんなんでしょうねぇ?


なんかなんかなんか…なんなんですよぉ★

なんなんだろうなぁ???


これ何の種かなぁ?
種の髪飾り posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

人は変われる(本気出してなかっただけ!?!)2

私にとって「本気を出していない自分」というのは、悪い癖のようにべっとりと自分に張り付いていて、自分自身の一部のような、そんな感じがしているほどです。

それは親の教育の賜だと思うのですが…★笑

島の生活: priority 〜それは羨ましい未知なる響き〜 2014.08.22


で、それとは別に、私には「必死になりたくない」という感覚があって、これは「本気を出さない」ということとは別のことだと思っているのですが、「必死になりたくない」と「本気を出さない」は「=(イコール)」で結び付き易く?

時々、自分でも混同している事(時)があるようで、非常に厄介なのです。…たぶん。(まだよくわかってない★^^)

・・・

で、単なる冗談としての「本気を出していないだけ」なのか、本気を出したいのに悪い癖で「本気が出せていない」のか、はたまた「必死になりたくない」と思っているのか???


島の生活: 人は変われる(本気出してなかっただけ!?!)1

この「1」を書き終えた時には、続けて「2」を書くぞ!と、書きたいことがすでに見えているような気がしていたのですが、…気のせいだったのか、見失ってしまったのか?

なんだかもっと別のことを書きたかったような気がするのですが…、今日のところはこの辺で。

Ciao^^

イカソング
イカソング posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする