2016年08月28日

マヤと鞍馬山と諏訪山公園と

今日、Twitterで、たまたま目にしたこちらのニュース

日常のなか、浮かぶ多重性 メキシコの写真家、ブラボ回顧展:朝日新聞デジタル

昨日読んだ↓こちらの記事とあわせて・・・☆

マヤの絵文書に新解釈、従来マヤ暦を再編か | ナショナルジオグラフィック日本版サイト


『魔術』と『数学』、気になります!^^


今まで数学なんてま〜ったく気にしたことなかったんですけどねぇ〜、おとつい↓こちらのツイートを拝見し、なるほど!と。。

ちょっとだけピンと来たカモ?!?☆って感じです。


というのは、
17世紀といえば、、

ダイ・アントワード絡みで「ヨーロッパ人が南アフリカへの入植を始めた頃」という知識(自分の頭に入れたてホヤホヤの新鮮な知識として)が頭にあったものですから、

なんだかキュキュ〜ンと!?!
またもや物事が立体的になりました〜^^

最近流行ってるんです。。この立体感☆


もしかしたら、これも(これが?)『数学』なんですかね??
…まぁまだよくわかってないんですけれど・・・


ぼくが岡潔とウディ・アレンに学んだこと──独立研究者・森田真生が歩く「情緒ある数学の世界」|WIRED.jp


あたしゃ、これまで、どえりゃあ勘違いをばして生きて来ていたのカモ〜っと。。ほんでまぁもう大概この感覚にも「慣れた」と言えるカナって感じで。。

島の生活: 僕は負けましぇーん! 2014.08.22


たぶんイイ感じっす。たぶんね^^



島の生活: 金木犀の香りの鞍馬山 2012.10.08
島の生活: この夏の思い出 2012.08.31

モリッツィオ、イヌイットに出会う。4/6
国立民族学博物館『太陽の石』posted by(C)モリッツィオ

そして、金星といえば、、マヤと鞍馬山、それから時々散歩に出かける諏訪山公園が身近です。。金星台 - Wikipedia

で、この実際の身近な事物との関わりと頭の中の概念?との関係??みたいな感じのところも、最近とても気になっているところで・・・・と、ふぅ。終われない。。詳しくはまた明日ダネ。って、あぁ。明日は無理だ。パソコンが借りられない★ と、まぁ、いろいろとありますけれども、まぁそんなことはフフフのフ🎶 なのでございます〜^^ たぶんね☆

GW2016_3
諏訪山公園の藤posted by(C)モリッツィオ

posted by maurizio at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違いの理由(?)

事ある毎に
何度も再生している↓こちらの動画☆



ピナ・バウシュの言っていることと↑
↓ニンジャの言っていることと




同じだよね☆


って、私は思うのですが、どうなんでしょう???(敬称略)



・・・それから何曲か作っていくうちに、アルバムの核となる部分はどんどんダークで粗悪な雰囲気になっていったんだが、それと同時に、そのダークな核の周りに、新しいレイヤーが滲み出てきた。それは気が狂ったような乱雑でジューシーなもので、とにかく楽しくて仕方なかったんだ。

でアルバム完成間近になって、そのダークでワイルドでジューシーな核からまた新たなレイヤーが爆発した。まるで巨大で超自然体なメガ・オーラのようにね。その瞬間から、突如アルバムがスケールのデカい大作になっていって、時に繊細で、時にロマンチックで、勇敢で、神秘的な傑作になった。

地獄の中で不可能なミッションに直面して、しかも失敗が許されないという状況では、胸を張って、前に進み続けるしかない。そうすれば、少なくとも終わりのない闇から浮上できる。そうなったらこっちのもんだ!例え自分で信じられなくても、自分の内面が変わり、自分が前よりベターで、より強く、より冷静で、より楽しい人間になってる。

光の中に足を踏み入れることができれば、少しくらい傷ついて、ボロボロになっても構わない。目をつぶって集中し、互いに見つめ合って大笑いできる。・・・


ニンジャ

桁外れな存在感でレッチリからマリリン・マンソン、エイフェックス・ツインまで魅了する Die Antwoord がニューアルバムを 9/16 世界同時リリースが決定! | indienative



で、
だけど、、

ここに例えば三宅純さんは入らないんだろうなーって思う…
三宅純さんは少し違う。。。


ま、こんなのはあくまでも私の感想★取るに足らない主観ですけどね(が、それが私にとってはとっても大切なモノなのです!)←ここんところようやく!?スッキリ爽快に処理できるようになりました〜^^ で、それはさておき、、

違いの理由はなんぞやと言えば、、、
なんなのでしょう???



理由は今のところ2つあると思っていて、、
1つは、

私は「オリンピック閉会式の三宅純さんがアレンジした『君が代』が素晴らしい」という情報をゲットしたからこの閉会式の動画を再生してみました。(同様に開会式についても少し見たのですが、家にテレビはないし、競技等は一切見ていません。見ると感動しちゃってすぐに泣くのですがね…^^)

で、私は基本どちらかと言えばオリンピックに対しては否定的な考えのほうを強く持っている傾向にあります。

だからなんですかね?^^

ということと、
もう1つは、、

三宅純さんの音楽は私には難解であるということ。。

感じる分にはね、文句無しで大好きなんです☆
だけど、きっと私には理解できていないんだろうなぁーという部分が残るというか引っ掛かるというか・・・★



で、この件、なんだかまだまだ中途半端な感じが半端なくするのですが、今日はこのくらいにしておきます…^^


島の生活: 島バナナ 2011.08.03

島バナナ
バナナつながり♪ posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でもオレンジとミカンは似ているのだ…

🎶
これでいいのだ
これがいいのだ

なぜか昨日↓こちらの記事を拝読した後、ふと忌野清志郎さんの『Rock me baby』の一節↑を口ずさんでいました…



<特別追悼公演>ピナ・バウシュ トリビュート、国際的ミュージシャン・三宅純に公演への思いを聞いた!|e+(イープラス) CLASSIX



いつもなら YouTubeで楽曲を探し、ピン(画鋲)の絵文字をつけてツイートするところだったのですが、昨日はしませんでした。。

その理由はハッキリしているのですが長くなるので省きます^^



「ピナのカンパニーには、ありとあらゆる国籍・年代層の人が所属し、共存あるいは拮抗しながら作品を生み出していく。といっても個性を失うわけではなく個が個に還っていくことによって、ひとつの世界観が出る。ピナの作品に出会う前から僕の音楽はそれと同じ手法を用いていました。」


リオ五輪の閉会式の『君が代』で、今、大注目!?★ の三宅純さん
前途の記事にある三宅純さんの言葉


私は抑えきれない若干の僻み根性でもって「でもそれは結局のところで先日の記事でも読んだ恵まれた人々『(労働者階級の)ごくわずかな人々』+それ以上の階級または超ラッキーな人々の中での話ですよね★」なんてなことを思ってしまいました…


先日の記事とはこちら

オーウェン・ジョーンズ・インタビュー – Ramon Book Project

社会保障と奨学金システムへの攻撃によって、労働者階級ではごくわずかな人々しか、扶養下にある子供の音楽活動を支えることができなくなってしまいました。




超ラッキーな人々とは、、
そう!

例えば、パディントンのような☆「逆境を乗り越えて不運に立ち向かう?」みたいな・・・・ん〜、これもまた映画『パディントン』を観たところなもので、こじつけちゃっていますかねぇー^^

…でも、ま、私のタイミングで私の時間の流れの中でそう思っちゃったのだから仕方がない!?!

🎶


で、また、いつものように Gyao! で観させてもらった↓こちらの映画がジャムつながり☆


バチカンで逢いましょう
パーシー・アドロン監督の『バグダッド・カフェ』(87)で映画ファンを虜にした女優マリアンネ・ゼーゲブレヒト



私も大好きです♡^^
ちなみに私はピナさんも三宅純さんも大好きです!

島の生活: 季節は巡る…2 2012.10.24
島の生活: The Here and After 2012.10.25


で、
何が言いたいのかといえば、、

それはまぁ追々という感じで〜^^(次へ進みます)



ソフィア 京都新聞文化会議 - 中田考氏 世界が対話する京の可能性 - Linkis.com



ついに来た気がする…
ついに来た気がする…「この時!?!」 posted by (C)モリッツィオ


↓河童違い。でも、それらはつながっているはず…?というところの話と、私が求めていたものは河童ではなく蜜柑だった?!?みたいなところの話と。。


posted by maurizio at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

地震雷火事親父

暴力に対して無力… なんてことを書いた昨日
イタリアとミャンマーで地震・・・


イタリア中部でM6.2の地震 240人以上死亡 - BBCニュース

イタリア中部の地震 死者150人超に 救助活動続く | NHKニュース



ミャンマー中部でM6.8の地震 死者や遺跡の被害も | NHKニュース

ミャンマーでM6.8の地震、3人死亡 バガンの仏塔が多数損壊 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News


無力ですよね・・・

地震雷火事台風(?)

久しぶりにヘットヘトにさせられたダイ・アントワードについての一連の感動も一気に色褪せてしまうほどです…

親父なんてどうでもいいし!?
(「食卓つながり(家族つながり/父親つながり/)」で・・・)



で、今日はいつもよりぼんやりTwitterを眺めてしまう時間が増えてしまったのですが、そんな中で『地震雷火事親父の「親父」はもともとは「台風」だったんだよ』みたいな感じのツイートに出くわしました。

調べてみたら…

地震雷火事親父 - 故事ことわざ辞典

地震、雷、火事などの災害に匹敵するほど親父が怖かったのは、年長の男性によって支配される家族制度である家父長制のもとでのことで、現在では親父はそれほど怖いものとは思われていない。
最後の「親父」は、台風を意味する「大山嵐(おおやまじ)」が変化したという説もあるが、俗説にすぎない。



俗説にすぎない by 辞典 ★^^?



で、もう ひとつ 今 別件で もんのすごく 気になっている言葉があるんですけど・・・それは、「翼賛」。。

翼賛(ヨクサン)とは - コトバンク
翼賛とは - はてなキーワード


否そういうことやのうて ★^^?




言葉の起源というのか?成り立ち?その理由?みたいなことを調べたい時って、どうしたらいいんだろう????(そんなことすら知らない自分に今頃気づいて今日もビックリ♥^^!)




嗚呼。今日も「暑い!」


posted by maurizio at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

暑い!

とはいえ、(ダイ・アントワードのことが好き♡とはいえ、)
熱狂的?献身的?忠実な?ファンにはなれないアテクシ…

そんなの当り前じゃん!って人とは楽しく付き合えるのですが
これまでの経験上、なかなか難しいことのように感じています♥

そんな時、ここ数年、私はいつも映画『ブルーバレンタイン』のことを思い出すのですが・・・

島の生活: BLUE BLUE BLUE 2012.11.29

で、
「間違うのは彼らでもあるだろうし私自身でもあるだろうし」みたいな感じのところへんで書いておこうとしたことがあったのですが…

アカン。
暑い★

今日はもう頭が回らへん ^^

頭が回らないのは頭が弱いせいだけではないはずなのよ〜
こりゃあきっと暑さのせいでもあるはずなのよ〜

夏の猫はダレダレ…
夏の猫はダレダレ…posted by(C)モリッツィオ

posted by maurizio at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさにだなと思ったショートフィルム★



いろいろと「まさにだな」と思った
ダイ・アントワードのショートフィルム…

2012年に公開されているんですねぇ

わたしゃ言葉がアレなもんで、正しく理解できているのかどうなのかよくはわかりませんが・・・そもそもこの「正しく」って何だよ★みたいなことも含めて

いろいろと考えております。。


Listening:<わたしの視点>相模原の障害者施設殺傷 良質な言葉、広めよう 向谷地生良さん - 毎日新聞


暴力に対してあまりに無力… と思わざるを得ない記事の内容でしたが、肝に銘じて大切にしたいと思います。

で、
その「大切にしたいこと」の一見対極にあるかのように感じられてしまう「ダイ・アントワード」なんだけれども、ここんところ「間違わないように🎶」したいものです♡^^

島の生活: 食卓つながりで・・・☆

ダイ・アントワードはけして弱者に対して優しいとは言えないけれども、わたしは好きか嫌いかで言ったら好きです。彼らの持つ暴力性にどっぷりと日常的に浸かりたいとまでは思わないけれど、近くでライブがあったら行ってみようかな☆ 元気出したい時に聴こうかな☆ アルバム欲しいな☆ くらいには思います。それは彼らの暴力性が弱者に向けられたものではないという点が大きいのだと思うのですが、それを間違って歪めてしまうのもこれまた弱者(人間)のなせる業★であると思われ…

難しいですよね ^^

陰陽対極図の中の僕
陰陽対極図の中の僕 posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

食卓つながりで・・・☆



桁外れな存在感でレッチリからマリリン・マンソン、エイフェックス・ツインまで魅了する Die Antwoord がニューアルバムを 9/16 世界同時リリースが決定! | indienative



というわけで、

わたしは映画『チャッピー』は観ていたのですが「ダイ・アントワード」のことについては何も知らず、、で、それでは映画『チャッピー』を観たことになんないんじゃん★ってことに気がついてしまったのですが・・・が、ま、この話は長くなるので省略します。とにかく!^^

この度、いろいろと知って、
ヘットヘトになっているところです…☆(笑)



DIE ANTWOORD と南アフリカ - usukyee’s blog






Die Antwoord - Baby's On Fire 和訳 | ワイ・ソー・シリアス
Baby's On Fire|ハルのブログ
Grazie!♡^^



そして思い出したのが少し前に読んだ↓こちら★

オーウェン・ジョーンズ・インタビュー – Ramon Book Project


つながった〜!?




Blur - There's No Other Way | 洋楽歌詞和訳サイト - (What's the Story)ヨーガク?
Blur-There's no other way デーモンの黒歴史おまけ付|Flash Ahhh!!!
Grazie!♡^^



この2曲、若干こじつけではありますが「食卓つながり(家族・父親・・・)」ってことにして、いろいろと考えてみると、、なんだか物事が少し立体的?に見えて来たような気がいたしますぅ〜☆



今年はお客さんいっぱい☆
家族揃ってモリ子の食卓!?!★posted by(C)モリッツィオ



posted by maurizio at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする