2017年01月01日

嬉しいつながり?年越し蕎麦は豚しゃぶの締めのラーメン

耳には馴染んではいたけれど
まったく知識ゼロだったピエール・バルーさんについて

この度の訃報を機にさまざま知ることとなりました。。



↓追悼で開放されたDOMMUNEのSARAVAHレーベル50周年記念番組
MOVIE ARCHIVES | DOMMUNE 光



そして、
この事と同時に
私に大きな示唆を与えてくれたのは、

外山恒一さんの↓こちらのテキストです☆^^



80年代後半は「政治の季節だった」 ・・・青いムーブメントとドブネズミ世代の政治史(1) | 外山恒一のWEB版人民の敵

我々の世代には“活動家”が多い ・・・青いムーブメントとドブネズミ世代の政治史(2) | 外山恒一のWEB版人民の敵

80年代後半の“青い”若者たちの邂逅、そして90年代へ ・・・青いムーブメントとドブネズミ世代の政治史(3) | 外山恒一のWEB版人民の敵

3・11以後の運動と『オルガン』派の親和性、そしてドブネズミ・エリートのその後 -青いムーブメントとドブネズミ世代(4) | 外山恒一のWEB版人民の敵




私は↑ここに綴られている世代と同世代の人間なのですが、幸か不幸か、“尾崎豊”にも“ブルーハーツ”にも心酔することはなく、ほとんど興味も持たずに生きて来ました。。音楽のことだけを言うなら、“タイマーズ”はたぶん知っていました。“たま”と“ブルーハーツ”については遅れて知って遅れて感動★ その程度です…(敬称略)

その代わりに(と言えるのかどうかはわかりませんが…^^)、それこそピエール・バルーさんやバーデン・パウエルさんたちのボサノヴァを聴いて感動していました。【島の生活: 誰かが欲に走るのも人類としての失敗やろ?!? 2016.08.02】→→→【島の生活: 尻切れトンボで新年へ(でも大きな「答え」が!☆^^)2016.12.31

そして、今よりも随分と老けたモノの考え方をしておりまして、それは「虚無主義」と言うようなものでもなく、でも、それに近い… ん…… 似非虚無主義?とでも言うべきものなのか、根拠のない?・薄い?虚無主義的なもの??みたいな…… なんかそんなようなものに支配されてしまっていたような気がします。今から思えば。。


追悼:ピエール・バルー 1/3
Des ronds dans l'eau(水の中の円?)posted by(C)モリ…オ

追悼で開放されたDOMMUNEのSARAVAHレーベル50周年記念番組を視聴させていただいた翌日(30日)の朝、、もう一度ピエール・バルーさんの世界に浸って、前夜カレンダーの裏にメモした最後の曲の日本語の歌詞を丸で囲った時!↓ しでかしました… 油性っす★

でも、このペン跡を見る度に、ピエール・バルーさんのことを思い出して、いつも一緒にいてもらうんだ!☆って考えたら、なんだか素敵に思えて来ました〜

追悼:ピエール・バルー 2/3
ピエール・バルーさん追悼・ペン跡posted by(C)モリッツィオ

追悼:ピエール・バルー 3/3
ピエール・バルーさん追悼…posted by(C)モリッツィオ

動画の中ではただひとつ「奴隷」という日本語訳の言葉に、大きな、極大の疑問をいだいてしまっているのですが・・・でも、ま、それは、いつの日か関係者の方のお話などをうかがえるチャンスがあればラッキーかな〜ってな感じで、、、何事においてもそれくらいの距離感が私には大切なのカナ〜といったような感じで・・・

この日のお昼ごはんは、Twitterで『「月見そば」卵の黄身は月、白身は雲、海苔は夜空など、月夜の風景が描かれた月見そば。』というツイートを目にしたこともあり、月夜、夜空、宇宙… を感じて「月見うどん」にしました☆^^

月見うどん風うどん
海苔の代わりにワカメたっぷり月見うどんposted by(C)モリ…オ

ちなみに年越しのお蕎麦は、今年は豚しゃぶをした後の締めのラーメンを「年越そば」としました。

そしたら今朝↓こんなニュースが!
うれしい偶然?!のつながり!?^^

「ラーメンズ」コント100本を動画公開!広告収入で災害復興支援― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ラーメンズがコント映像100本を無料公開 広告収入は災害復興に活用 - ライブドアニュース



早速、大好きな『ALICE「不思議の国のニポン」』等、いくつか再生させていただきました〜






小林賢太郎からのメッセージ | KENTARO KOBAYASHI WORKS | 小林賢太郎のしごと





posted by maurizio at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック