2017年01月11日

今年も宜しくモリッツィオのギリギリどんてんラララ生活

お久しぶりです^^
元旦 2017.01.01】からこっち観た映画は数本。読んだ本は一冊(年始に図書館に予約を入れたら9人待ちの状態で、…数日は我慢していたのですが、どうしても読みたくなって買いに走りました。おかげで《極大の疑問》のひとつが解決!スッキリ☆)

私の中では「《極大の疑問》」が流行中^^
…詳しくはまた追々。。

追悼:ピエール・バルー 3/3
追悼:ピエール・バルー 3/3posted by(C)モリッツィオ


昨日今日はデヴィッド・ボウイ追悼モード^^


デヴィッド・ボウイが街中をぶらつく“ブラボウイ”な映像がボウイの命日にあわせてオフィシャルアーカイブ公開 - amass

“ブラボウイ”映像が公開されたそうですが〜(いいね!^^)


私の中では「あなたにとって丁度いいヒーローでいたいんです♪ の『怪傑ギリジン』の剣」と、デヴィッド・ボウイの名前の由来となった「ボウイナイフ」とがカブって・・・(笑)

ボウイナイフ - Wikipedia



ラーメンズ『CHERRY BLOSSOM FRONT 345』より「怪傑ギリジン」https://youtu.be/kVLRsxaKWGI

小林賢太郎からのメッセージ | KENTARO KOBAYASHI WORKS | 小林賢太郎のしごと



いろいろと大変なことになっています^^

「ボウイという芸名は僕が若かった時にボウイ・ナイフから着想したのです。16歳の頃、僕は重い哲学的な物に熱中していて、嘘やらそういったもの全てを切り裂く真実性を求めていたんです。※ボウイ・ナイフ:19世紀前半に米国で開発された大型ナイフ(『デヴィッド・ボウイ名言集』ツイートより)」

何が死の校門を押させたか」1990年にあった兵庫県立高塚高等学校の校門圧死事件について書かれた外山恒一氏の文章

神戸高塚高校校門圧死事件 - Wikipedia
神戸連続児童殺傷事件 - Wikipedia(←この事件は1997年

校門・猫・ナイフ・・・(★)

ギリギリギリギリジンジン、ギリギリギリジンジンジン♪(笑)


デヴィッド・ボウイ人形制作 2/7
デヴィッド・ボウイ人形制作 2/7posted by(C)モリッツィオ

Twitterでは『ボウイ展』の写真で「DAVID BOWIE IS WHAT HE BELIEVES」ってやつをよく目にしているのですが(残念ながらワシは『ボウイ展』には行けない…(行きたい…))

お正月に観たドラマ『富士ファミリー2017』の台詞を思い出します→→→「この世に確かなものなんてないよね。だったら私は、信じたい人の言葉を信じることにする。」(ちょっと意味が違うけど…カモだけど、違っていたら尚の事「その違い」が重要!★)

ちなみにお正月の実家(私にとっては年に一回の実家。まるで山下敦弘監督の映画『リアリズムの宿』のような《リアリズムの実家》笑)においては、食卓の周りで、皆の頭上を『怪傑ギリジン』がぐるぐる竹馬で歌いながら回っているのを、私は食卓の中の一員として、姉の作ったおせちを頂きながら、ぼんやり眺めておりました〜(新年初妄想^^)

リアリズムの宿 - Wikipedia

デヴィッド・ボウイ人形制作 4/7
デヴィッド・ボウイというより・・?失敗★posted by(C)モ…

デヴィッド・ボウイ人形【修正】1/3
デヴィッド・ボウイ人形【修正】1/3posted by(C)モリッツィオ

NYには行けず…【島の生活: dig this…「英雄なのかヒーローなのか複数形オールの可能性に賭けるのかそれとも1つのモノサシを振り翳すのか?」2016.12.03】【島の生活: その一日一日を積み重ねていくのやでヤスシ君♪ 2016.12.03

ニューヨークどころか、国内の『ボウイ展』にすら行けない私……
あ!でも「読みたい本を買う」はできました☆

ていうか、やっちゃいました!!税別1200円シシシ
she says… shh ♪
デヴィッド・ボウイが歌った「チャイナガール」の正体とは?|TAP the ROOTS|TAP the POP Grazie!♡^^


とにかく今年もユタシクペルファボーレ^^
ニャンばりスマッシュ!?!


人形制作も久々に再開。。失敗していますが順調です。。

デヴィッド・ボウイ人形【やり直し】4/4
デヴィッド・ボウイ人形【やり直し】4/4 posted by (C)モリ…オ

posted by maurizio at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四モリオ2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック