2012年12月31日

ジェンガ・アジェンダ・ジャンケンポ〜ン

I changed my mind. That is Jenga.
訂正するよ。これがジェンガだ。

これ↑映画『宇宙人ポール』でのポールの台詞だけれど、ちなみに「That is Jenga.」って、一度目はトレーラーの中でルースが倒れた時に言っている。

モリッツィオは「Jenga」の意味が分からなくて(すぐにあ〜あのゲームのことかぁ〜って判明したけどね^^)、「agenda」と聞き間違えてとってもとっても意味深に捉えてしまっていたんだよぉー★

似てなくなくない?「Jenga」と「agenda」(笑)


そんな独りブッ飛ばし思考が得意なモリッツィオではありますが、今日も地道にお勉強♪ っていうか、これって脳のトレーニングなのかなぁー?? 

グリフィンさんの『集団主義の陰謀』:あなたはどっちの味方? : Kazumoto Iguchi's blog


映画『メン・イン・ブラック 3』を観た時に「グリフィン」のような複雑な思考回路状態には、きっと自分の脳は耐えられないだろうなぁーなんて漠然と思っていたのだけれど、よくよく考えてみれば、近所の人と話す時・久々に会った友人や知人と話す時、これまであまり意識はして来なかったけれど、結構それに近い状態で話してるんじゃあないのかなぁー?!なんてことを最近思うようになりました。

突き詰めれば、きっと毎日共に生活しているパートナーとさえも。。。


で、気になるのは『集団主義の陰謀』を説いているのも「グリフィン」さんっていうんだなぁ… なんてことが気になり始めると、これまた得意のブッ飛ばし思考で、興味はキリスト教に移ってしまったりするのだけれど………^^

これって分裂街道まっしぐらってことなんかなぁー!?(笑)

でも、ま、もうちょっと?納得が行くまで?来年もブッ飛ばして行こうかなぁ〜〜〜なんて思っちょります。ポーン!となっ、キス・キス・バン・バ〜ン☆


よいお年を☆Ciao^^

Traveler in dot space
Traveler in dot space posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

独学勝負の八方ふさがり?

◯◯◯人委員会についての本を初めて読んだのは何年前のことだっただろう…? 正直、アヘン戦争のことばっかりが小さい文字でたくさん書かれてあったので、モリッツィオとしましてはたいへんな苦労をして読みました…(笑)

そして、今、ネットを開けば、多くの人が「ロ◯◯◯◯◯◯」や「ロ◯◯◯◯◯◯」についての解説をしてくれていて、アメリカ連邦政府の「F◯◯◯」や「F◯◯◯◯◯センター」などについても教えてくれている。。。


こんな時代が来るなんて…


「聞いてないヨォーーー」と言いたいところなんではありますが、たしか前途の本には2005年辺りから日本でも金融危機等が起こり、たいへん困難な時代が訪れる… 的なことが書かれてあったと記憶しています。

だから、ちゃーんと聞いちゃってるんですよねぇ〜
まさにソドムの市!?★


で、僕たちはもうすっかり「◯◯政策」というやつにやられてしまっているらしいのですが、たしかにテレビや映画を見て笑ってる場合じゃあなかったのかもしれません。。。

だけど、ロ◯◯◯◯◯◯とロ◯◯◯◯◯◯の行き着く先に、「レ◯◯◯◯◯◯」なんていうものの存在を認める考え方に触れてしまうと、「それって『トカゲのおっさん』ってこと?!」となり、あらためてお笑いへのリスペクトを深めてしまうモリッツィオなのでありました…(笑)島の生活: 番外編「Snake」5 five

『ソドムの市』も映画だしね。ソドムの市 - Wikipedia


「命は平等ではない」…そんな気付いてみれば当り前の事だけれど、学校や周りの大人は決して教えてくれることがなかった事。そんな事にちょっとずつ自分なりに「半信半疑」の距離を詰めて来て現在がある。と、思いたいモリッツィオなんではありますが、ではその材料となるものとは一体………


そして今朝、こんなことを考えていると精神分裂をきたす恐れがある!?という恐ろしぃ〜記事に出会いました。→分かる人にだけ分かる話:1次元とプリセッションの話 : Kazumoto Iguchi's blog

記事には、「・・・ウソと真実、肯定と否定、陰謀と陰謀暴露、科学と非科学、など、こういう相矛盾することを思考する場合も、その筋のトレーニングを受けて来ないとかなり脳にダメージを受けるのである。かのジョン・ナッシュ博士はそれが下で、精神分裂をきたしたという。・・・」とある。

その筋のトレーニングってなんじゃそりゃ??
恐ろてぃーーー(笑)

簡単に考えてシンプルに答えを導き出そうとすると「平和ボケ」「お花畑思考」と揶揄され、これでもかこれでもかと行こうとすると「頭がおかしくなるぞーっ」と脅される??(否でも実際そういう危険といつも隣り合わせなのが人間なんだと思うよ、モリッツィオも^^ だからモリッツィオはモリッツィオなりに自分自身の歩みを進めるより他ないとは思ってるんだけどさっ★☆)

はぁ。

とりあえず、話は急に変わるけど、下地真樹さんが釈放されたということで(下地さんとNさん、釈放決定。 Hさん起訴 - 11.13弾圧 救援会)、下地真樹さんが本当のところどういう方なのかは分からないけれど、また知る由もないモリッツィオなのだけれど、正当な理由で一般大衆のために闘ってくれている人という認識のもと、そういう方が不当な逮捕から解放され、ご家族とともに温かいお正月を迎えられるということに、素直に喜びを表したい!と思うのであります。。。

放射能をはじめ、恐ろし過ぎる問題が山積みとされるこの世の中において、お正月もクソもないやんけーーー★ なのではありますが………

とりあえず、ただちに影響がないのは僕においては本当のことで、まだ頭もそうおかしくはなっていないみたいなので、この命に感謝して今日という日を生きようと思いますぅ〜。Ciao^^


ヒト型爬虫類 - Wikipedia

二宮神社内の椋白龍社にて
二宮神社内の椋白龍社にて posted by (C)モリッツィオ

国立民族学博物館(大阪)にて
国立民族学博物館(大阪)にて posted by (C)モリッツィオ

国立民族学博物館(大阪)にて
国立民族学博物館(大阪)にて posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

似て非なるもの

たまたま目についたニュースで「25日バスで女性に下半身を見せたとして大阪市職員を公然わいせつ罪の疑いで逮捕」という記事を読みました。

誤解を恐れずに言ってしまえば、モリッツィオ「ちょっと気持ち分かるなぁ〜」と思ってしまいました…

窮屈なんだよっ!、この世の中★


もちろん公然猥褻はいけないことで、被害に遭われた方にはたいへんお気の毒だし、この人、二度目の逮捕ということで(前回は2006年に小学校の前で同じことをし、罰金の略式命令を受けている)、同情の余地ナシっちゃあ余地ナシなのかもしれないけれど、

記事にあったコメントがいかにも正直と言おうか、素朴と言おうか、好感が持ててしまう…


『もう一度あの興奮と解放感を味わいたくてやった』


ちょっと別の形で興奮と解放感を味わい、発散することはできひんかったんかなぁーーー。それに「逮捕」という形ではなく「それはアカンで」というお説教というのか何というのか………

変人に注意
変人に注意 posted by (C)モリッツィオ

写真は沖縄のたしか南城市か八重瀬町辺りで目にしたもの。「変人」というのがなんだかとても新鮮と言おうか何と言おうか、素朴にストレートに響いて来たので写真に収めておいたものです。

モリッツィオもある意味においては「自分も変人なのかも…?」と思う今日この頃。。。もともと自然回帰志向が強い傾向にある人間だから、だからこそ自給自足の生活に憧れてみたり、実際そうしようとしていたりするのだとは思うのだけれど、もうどうせ生きるんだったらパァ〜ッとヌーディストビーチみたいな所に行ってみるのもアリかなぁーーーなんてことを最近はよく考えています(笑)

ヌーディズム - Wikipedia

棲み分け とは - コトバンク

そして思考は笑い事ではなく、棲み分け→二極化→大丈夫か?(島の生活: remains(はかなきものたち))というものから未だ逃れられず…

目の前の問題を解決するために、もっと広い視野で物事を捉え直してみたい! そんな風に考えているのですが、、、

どうしたもんなんでしょうなぁ〜〜〜

変人に注意!?
変人に注意!? posted by (C)モリッツィオ

ちなみに、19世紀末、もともと自然回帰の運動としてドイツで始った裸体主義は「ナチュリズム」と呼ばれ、これがアメリカに広まり「ヌーディズム」(裸の解放感を楽しむレクリエーション)と呼ばれるようになったらしい。

「ジャイナ教の裸行派」も要は『裸』という点においては同じだけれど、ずいぶんと印象が違うなぁーーーなんてことを考えているモリッツィオです。(島の生活: キターーーーーッ!

ジャイナ教 - Wikipedia

posted by maurizio at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

おかんが壊すニッポンの壁!?

一応「脱・練りもの弁当」を達成したモリッツィオなんではありますが、実は「ちくわ」にはあまり抵抗がなく、磯辺揚げやちくキュウなど、これからもたまには入れて行こうかなぁ〜なんてことを思っておりまして、他にはシーチキンとかカニかまとか、丸大のゴールデンウィンナーなんてのも結構好物だったりします。で、そんな自分ともこれからも適当に付き合っていきたいなぁ〜なんてことを思っているわけなんですが、、、


下地准教授ら市民の不当逮捕に抗議し即時釈放と謝罪を求める記者会見
動画公開日【2012.12.22】
http://youtu.be/p0fAWLXpcUg

11.13弾圧 救援会


大阪おかんの会・橋下市長へ要望書提出後の記者会見
動画公開日【2012.11.16】
http://youtu.be/dnUxlKjhPww

大阪おかんの会・試験焼却期間に集まった体調変化についての報告
動画公開日【2012.12.19】
http://youtu.be/JFZJJ9Y3Xz8

大阪おかんの会のブログ


ボトムアップ的なリーダーシップがちゃ〜んと形成されつつあるのかな〜なんてことにちょっと安心しつつ、それと同列に映画の話を持ち出すのはちょっとあれな気がしないでもないのですが、しかも内容的にいまいちしっくり納得がいっていない部分もある『バグズ・ライフ』なんではありますが、それでもやっぱりあの「団結」のシーンは忘れられないわけで…☆


バグズ・ライフ [DVD]


団結したアリンコの大群に嘘吐き政治家たちがタジタジになる日も近いのではないでしょうか?

維新の会・橋下徹演説(沖縄の諸問題について)
動画公開日【2012.12.11】
http://youtu.be/0Ty8dOTAW8c

↑「(6.40〜)僕らの考え方がおかしければまたご意見もいただきたいと思うんですが…」と言っておきながら、

「(15.30〜)災害ガレキの問題もきちんと説明をして放射能や放射線についてしっかりと教育をすれば理不尽な反対運動なんていうのは起きないと思います。反対反対と言っている人たちは感情的になってなんにも話を聞きません。大阪市で住民説明会をやっても、太鼓を鳴らしてラッパを吹いてなにをしに来ているのかさっぱり分からないような状況なんです。」

たしかにそういうデモもあるし、説明会の席でそういうことが起こった場面もあったのでしょう。が、しかし!、大阪おかんの会の訴えについてはどう説明しはるんかなぁー? 神経質な女性たちの集まりということで処理しはるんかなぁー? 悲しいかな橋下徹さんの沖縄での演説は単なる沖縄の人たちへのその場しのぎの媚びにしか聞こえません…★

「(27.50〜)皆さんといろいろ議論させていただきたいと思ってるんですが…」なんてことも何度も言うてはりますけど、結局それをガレキ問題に照らし合わせてみれば、反対意見は『教育』すれば黙らせることができると思っている。その考え方が恐ろし過ぎますわっ★

ま、そういう考え方がどんどん進んでいるんでしょうけれど…★

posted by maurizio at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

ボケるならとことんボケよう平和ボケ

ネットでの調べものが止まらず、ちょっぴりバイオリズムの関係で体調が悪いせいもあり、昨日の夜、ついに久々の「サッポロ一番でもいいーいぃー?」のミサイルを、早出と残業+日曜日しか休みがないというパートナーに対し、発射してしまったモリッツィオ。。。激しく反省中であります。にゃはは…

愛の劇場『我輩は主婦である』の台詞は、「サッポロ一番でいいーいぃー?」ではなく、「今晩、出前一丁でいいーいぃー?」でしたっけね?? ちなみに我が家で昨夜食べたのはコープさんの塩ラーメン。コープさんもコープさんらしいけれど、一応ごはんは炊いてお野菜などをトッピング。。。なんだか話がごちゃごちゃですが、

あみぐるみ主ふの関心事は今や政治なのでありますっ

が、しかし、調べても調べても…★ でも、ま、そんなことも分かり切っていたわけで…★ よんなーよんなー(ゆっくりゆっくり)ちばる(ねばる・頑張る)しかないのです。ちばりよー、自分!!というわけで、

気になった記事をいくつか………

『建築とかあれこれ 呪いもあれこれ』 不当逮捕脅迫教唆【20121224】

『虚空と君のあいだに』選挙の結果、異常社会の彼岸【20121221】

『反戦な家づくり』安倍晋三と指定暴力団工藤会の癒着【20060714】


モリッツィオにはすでにオキュパイしている場所があるので、今はそこの大掃除をすることがモリッツィオの本分とわきまえておるわけなのではありますが、どうやら「騒ぐことが正義の邪魔をする」というわけではなさそうなこの世の中において、平和を願うとは何なのか、社会の一員であるということとはどういうことなのか、日々価値観を更新させ続けながら向き合って行くしかないのだなぁ…なんてことをまたまたあらためて思っている次第であります。

島の生活: 番外編「置きパイ」

Io occupo qui!!!
Io occupo qui!!! posted by (C)モリッツィオ


橋下市長、「世間から見たらどうでもいいこと」「適当に判断します」
http://youtu.be/ZiV0gNaw4Ak

09.15〜
・・・(略)・・・これで、選挙で、なんか大きく、仮に僕らが日本維新の会が何かしたところで何かが大きく変わって、変わるだろうなぁというようものすごい期待があるということではないと思いますよ。世間は淡々と見てると思いますよ、この政治家のドタバタ劇を。で、たぶん選挙やって、プレイヤーが変わって、メンバーが変わって、まぁ、今まで通りの日本なんだろうなぁっていう風に感じているのが世間だと思いますけどね。・・・(略)・・・


↑なんかちょっと穏やかに弱音を吐いてはる感じが好感持てますやん?? いっつもケンケン言うてはるイメージやもんね。。。なんやったらモリッツィオをマスコット代わりにお側においていただきましたなら、弱音のひとつやふたつ、3つでも4つでも、なーんぼでも聞きまっせーーー。ちょっとしたセラピーの心得がありまっさかい、エエ聞き役になると思うよーーー。癒すでーーー^^ そやけど、『今まで通りの日本なんだろうなぁ』なんて、バカにしてくれてはるんですかいなぁ?? 少なくともモリッツィオはそんな風にはまったく思っていませんからっ、ハズレ(残念)!


実際のとこ、がれきの受け入れ反対を求めた大学の先生らが逮捕されてて、3.11以降の日本のドタバタ劇を目の当たりにして、少なくともモリッツィオは世の中の変化をビシビシに感じてまっせ★ 恐いっ恐いっ


がれき反対無許可デモで大阪駅業務妨害 阪南大准教授ら逮捕 - MSN産経west

「放射能汚染から未来を守ろう!」下地真樹(阪南大学経済学部准教授)
http://youtu.be/iIrmCLkpXm4

橋下市長、がれき受け入れ説明会を強制終了。住民の質問に答えず
http://youtu.be/PCTKQPRBv2A


きっと逮捕された方々は逮捕上等で頑張ってはるのだと思う。もしそうでないのだとしたら悲しいことだけれどそれまでの話だ。そしてここで出て来るのが「長いものには…」という話になるのだとは思うのだけれど、「◯◯でないと政治は出来ん」とか、「◯◯でないと現実は動かん」とか、「◯◯が…」「◯◯が…」と言っている人たちの言うことを、悲しいかなもう黙って聞いているわけにはいかんとですよー

これが普通の一般市民である(と思われる^^)あみぐるみ主ふ☆モリッツィオの考えていることです。

デモにも行かず、昨日の晩御飯はインスタントラーメンとデタラメなことをしてしまいましたが、最近 作り置きのおかずを増やすようにしてなるべく練り物・加工品の類をお弁当に入れず、大事なパートナーの身体に添加物の類が入らんようにと努力をしている、そんな健気な主ふなのでありますですよ。うっぷ〜ん

祝!脱・練りもの弁当☆
祝!脱・練りもの弁当☆ posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

僕たちはちょっと臆病なだけ!?

今回の選挙(第46回衆議院議員総選挙)、
北海道で「苫米地英人」さんが出てはったんですねぇ〜、知らんかった。

モリッツィオの情報源は、兵庫県選挙管理委員会が発行する『選挙公報』がメインで、あとは自分がネットを利用して調べるだけ。新聞・テレビ等の影響は一切受けていない。新聞・テレビの影響、プラス宗教の影響を受けた人たちからの影響を若干受けるだけで(モリッツィオの周りには結構◯◯◯会の人が多いんですよねぇ★)、あとは「自然放射能」と同じレベルでこの世界に生きている上で無意識のうちに受け取ってしまっているものからの影響ということになるのだと思う。

なもんで、「新党大地」といえば、限りなくブラックに近い真っ白なんだか何なんだかがよく分からない「鈴木宗男」さんと「松山千春」さんというイメージしかない。

比例ブロックとは - 新語時事用語辞典 Weblio辞書

日本を11のブロックに分けるのはちょっと分け過ぎじゃねぇ?とも思うのだけれど、だいたいスウェーデン一国の規模が兵庫県と同じくらい(だったかな…?)というような話を、たしか内田樹さんの本で読みかじった記憶があるのですが、

正しくは?、デンマークと兵庫県が人口・経済規模においてほぼ同じ。スウェーデンは大阪府。ただし人口においてのみで、経済規模は大阪府の約6割がスウェーデンのそれに当たるらしい。。。(←国土交通省「瀬戸内しまなみ海道(本州四国連絡道路尾道・今治ルート)」というタイトルのPDF資料を参考にさせていただきました^^)

それはひとまず今日のところはおいておき、、、


苫米地英人「震災以降の新しい生き方を探して」
http://youtu.be/QnWMOBFBNCo

日本を連邦制・道州制に変えよう…
そろそろ国民は国を選んでいい時代…



他にも北海道での街頭演説などをいくつかYouTubeで拝聴したのですが、北海道4区の方が羨ましい! 苫米地英人さんのおっしゃっていることって「めちゃめちゃ分かるところ」と「さっぱり分からんところ」の差が激し過ぎて、ちょっと(ていうか、かなり)付いて行けてない自分がいるんだけれど、

この方からはオッサンに特有のイケズさが感じられないんですよねぇーーー

聞き直せば答えてくれそうだし、しかもそれは手を替え品を替えしてこちらの理解を深めるための努力をしてくださる。そういう印象があるんですよねぇ〜。博士の番組などを拝見していても(『博士も知らないニッポンのウラ』『博士の異常な鼎談』)。優しさを感じる。

だから、モリッツィオ、結構(ていうか、かなり)好きなんですよねぇ〜〜〜

「『ことえり』の開発者である」という点においてもポイント大だし、オウムは勿論のこと「『パワー・フォー・リビング』のテレビコマーシャル進出を水際で止めた人」という功績もかなり大きい人☆なのだと僕は思っている。

のだけれど、選挙結果は落選。。。北海道4区では自民・民主が強く、大地・共産が弱かった…という結果で、自民党の候補者が当選しているんですねぇー

大勢の方がこのままの体制を望んではるということなんでしょうかぁ………
僕は違うと思うんだけどなぁ〜〜〜


内田樹さんは、「私たちが今なすべきなのは、「国民国家は賞味期限が切れかけているが、他に何か生き延びる知恵はないのか」ということをまじめに考えることなのだが、それだけは誰もしようとしない。」とおっしゃっている。。。国民国家とグローバル資本主義について (内田樹の研究室)

ぜひとも苫米地英人さんと対談でもしていただきたいもんだな〜


利権の亡者を黙らせろ 日本連邦誕生論
苫米地 英人
講談社
売り上げランキング: 25,051



posted by maurizio at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

法は重んじるけれど…★

モリッツィオの生活信条は、師(あくまでも「心の」ということなんですけどね^^)「河井寛次郎」さんの『自警』に倣い、「法ヲ畏レ法ヲ尊ビマショウ」なのだけれど、

時々っていうか、これまでにふたつほど、それってどうなん?というものに出会ったことがあります。

ひとつは『PL法』。「Product Liability」の略で「Church of Perfect Liberty」の略ではない。日本語で『製造物責任法』というやつである。

製造物責任法 - Wikipedia

ウィキペディアによると平成6年(1994年)7月1日に制定された法律(民法)ということで、翌年の1995年7月1日から施行とある。95年といえば、阪神・淡路大震災のあった年だぁ。そんな時だったかなぁ…? ちょっと記憶が曖昧なのだけれど、モリッツィオはここ神戸で震災のドサクサに紛れて独立をし、自作のポストカードなどを売り始めていた頃だったから、ちょうどそんな時だったのかもしれない…

モリッツィオが直面した『PL法』とは、「例えばポストカードの端で手を切ったとして損害賠償を請求された場合、御社はどのように対応されますか?」というものだった。

「御社」なんて言われても僕ひとりでやっているデザイン事務所なわけで(当時はまだパートナーの存在もなかった^^)、「えーーー、そんなことで訴えられるんですかーーー!?」と素直に驚いてしまったせいか、取引は一回こっきりの極少量のポストカードを買い取っていただいただけで終了してしまいました。ハハハ★

大手は厳しい…
そんなことを思い知った瞬間でもありました。ハハハ★

だけど、そんなことで訴えられても対処のしようがないじゃないですか!? ただの因縁(言いがかり)・難癖の類。。。きっと施行当初の現場での戸惑いというやつで、そんなアホなことで訴えられるケースはごくごく稀で、今では誰も気にしていない? どうなのでしょう???

が、当時のモリッツィオとしては、完全に萎縮しちゃいましたねぇ〜。弱かった。。。今なら「バンドエイドをプレゼントします! ちょうど自社デザインによるバンドエイド制作の企画があるんですよー!(これぞマッチポ〜ンプ!)」くらいの冗談はかましてやりたいと思っていますが、そういうお誘いは皆無です。ハハハ★

マッチとポンプ
マッチとポンプ posted by (C)モリッツィオ

島の生活: 番外編「マッチとポンプ」


で、もうひとつの法律についてはもう言わずもがなで先へ進みますが、言われても言われっぱなし、見ても見ぬふり、長いものに巻かれて死ぬ…

そんなしょーもないことに時間を費やしていてはいけないんだなぁーーーと思う今日この頃であります。

〜going out of my mind♪
You got me thinking that I'm wasting my time
Don't bring me down


偉い先生方にも一般庶民を相手にするだけではなくて、しっかりと「事を動かしている上の人々」を説得していただきたいものです…。お願いしますよ、先生!

国民国家とグローバル資本主義について (内田樹の研究室)


始めたときは、それがどれほど善意から発したことであったとしても、時が経てば、そうではなくなる。by ジュリアス・シーザー

昔、実家に「シーザー」という名前の猫がいたから、というわけではないのですが、最近「カエサル(ジュリアス・シーザー)」にちょっとはまっているモリッツィオです。(ちなみにシバの女王にちなんだ「シバ」もいました^^)

政治家ジュリアス・シーザーの発言・格言・名言集【シェイクスピア】 - NAVER まとめ

posted by maurizio at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする