2016年01月20日

イッてイラれてイリ殺されよ!世界中のイケズとイチビリ

サッちゃんはね…
サチコっていうんだホントはね♪

て、あれ!?、なんか違うなぁー

昔、サッちゃんは、サッてサラれてサリ殺されろ」みたいな、そんなフレーズを皆の名前で言い合って、ありうる」いうる」みたいな、今思えば…というか今となっては「ラーメンズ」の「不思議の国のニポン」の中に出て来るような?遊び??をしていたような記憶があるのですが、

ん〜、なんか歌だったような気がするのだけれど…

ま、それはさておき、本日のタイトル「イッてイラれてイリ殺されよ!」というのは、まぁ 私の本名にも関係するのだけれど、殺したい相手とは、人間の中に存在する「イケズ」と「イチビリ」★

このふたつについてです。

(ブログを書くにあたって、タイトルを決めてから書くことは少なく、ていうか、意識的に本文を書いてからタイトルを付けるようにしていたのだけれど…。というのは、たぶん途中でそのほうが本文も書きやすいしタイトルも付けやすい」ということに気づいたからなんだけれど・・・ま、この件は、いっか♡^^ 次へ進もう!)


私は、デヴィッド・ボウイの訃報を受けてからの日々(この10日間で)、すっかり世界が変わってしまったのだけれど、

というのは、私がデヴィッドボウイの熱心なファンだったから」というわけではなく、デヴィッドボウイに関する情報が多いから」ということなんだと思うのだけれど、

で、そんな中、昨日は、グレン・フライさんの訃報が届いた。

私にとってグレンフライはんは、デヴィッドボウイはんよりもずっと遠い。。デヴィッドボウイが京都だとしたらグレンフライはカリフォルニア? それくらいの距離かなぁ〜(わたくし神戸在住)ん〜 否 デヴィッドボウイ 北海道ぐらいかなぁ〜。あぁもうなんだか自分が始めた”たとえ話”にすら自分自身でワケワカメですけど…

とにかく、グレン・フライの『YOU BELONG TO THE CITY』とか『THE HEAT IS ON』とか、タネPが仕事から帰って来てから教えてもらって、あぁ☆この人なん!といった具合…

では、なぜにそんな私が訃報に反応したのかといえば、イーグルス」というのが、もちろん有名なこともあるけれど、イーグルス・オブ・デス・メタル」というのが記憶に新しかったわけで…

島の生活: テロのこと 2015.11.18

何を隠そうこのわたくし、イーグルス・・・に倣って「タイガース・オブ・デス・メタル」をやっちゃいたいなーなどと考えていたわけで、しかも虎缶を買ったばかり☆




イーグルスのグレン・フライさんが死去、67歳 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース


で、昨夜は↓こんな動画を再生して「多才(多彩?)な方だったんだなぁ〜」なんて思っていたわけです…



で、そんなところへきて、今朝、Twitterを開いてみると、SMAPの…これをクソコラというのかなぁ?「造反無理!革命有罪!#今回ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれていま僕らはここに立ててます」という言葉が添えられたオドロオドロしい写真!?を、やまもといちろう氏が「酷い…」とRTしているのを目にしました。(ちなみにモーリー・ロバートソン氏のRTによって私のTLに運ばれてきています。最近またフォロー復活♥^^)

やまもといちろう氏、↓この日から私の中で感じ悪いのだ〜♥


で、そのクソコラを作った人らしき人のツイートを見に行ってみると、おもしろい人なんやろなぁ〜くらいの感想。でも「イーグルスの死んだ人ってどれ?」とまったく無関係の写真を添付してツイートしているのを見て、閉口。

そして閉口したから書いてるんだけど☆^^
こういうのを要は「イチビリ」って言うんでしょう???

SNSの世界において訃報というのは、みなさんそれぞれに思うところがおありなようで、この方も一発物申したい気持ちがあるから、そのようなツイートをされるのだろうけれど、

屈折?湾曲?とにかくストレートではないですよね。
で、ストレートでなくてもいいんですよ。問題はそこじゃない。

問題は「イケズ」と「イチビリ」★

なんだけれども、、ここら辺りから、微妙で危険な領域になってくるので、これ以上は書きたくないな♥という感じです。


て、結局、何も書いとらんがなぁー☆ なんやけれど(笑)



日経新聞・社説が炎上!デヴィッド・ボウイを「子供騙しの特撮扮装で日本のサブカルを世界に」などと酷評 - NAVER まとめ

これに対して、↓こんなツイートを見ました…

このボウイでムチャクチャ書いてる日経の記者もそうだけど、アホみたいな作文する前に、Twitterとか、SNSチェックすればいいのにね。でも、ああ、そうか。結局「読者」におもねってるわけか。おもねったら「ボウイ?知らんがな」の世界なんだろう。


ちなみに前途のクソコラ(イーグルスの死んだ人ってどれ?)はリツイートもお気に入りもされていないみたいだけれど、2,700人のフォロワーがいらっしゃる方だからねぇー、一体どれくらいの方がこのツイートを目にして同調されていることかと思うと・・・★


そしてもうこんなことは映画『トゥモローランド』の中に描かれているわけで… トゥモローランド (映画) - Wikipedia


世の中って、これで9割できてるんだぜ、怖いだろう?私は怖いよ。

これはそのクソコラの人が、
↓こんなツイートに対してツイートしているもの。

今日 昨日録画してたSMAP×SMAP 見たよ(^-^)
SMAP解散しないみたいで
安心したよ(^-^)



あたしゃ、両方が怖いよ★

そして、とにかく「もったいない!」と思う。。。


デヴィッドボウイの時も
↓これを見てひっくり返りそうになったんやけど…



「レッツ・ダンス」「チャイナ・ガール」などの代表曲があります。て★ 伝えるべき事がもっと他にあるやろ!て。。

あゝ 泣ける…

でも同じANNでも↓こっちはええ報道やね♡



そやけど、この画面右上の「デビッド・ボウイさん 死去 世界中で惜しむ声 英首相も」の文言が気になるね。もしかしてこれに倣って安倍首相もSMAPのことについて発言しはったんやろか?!?

まぁ、SMAPの存在が9割の人々にとって重要なのであればそれで良しということなのかもしれないけれど、、でもグレンフライの名前を知らなかった私でさえ聞き覚えのある曲が数曲あって、その方が亡くなったというのに哀悼の意を素直に表せないなんて…

・・★

絶対 聞き覚えがあると思うねんけどなぁー。しかも、もし目の前でグレンフライがいろんな楽器を操って、歌って、踊って…てしたら、「このオッサンすげ〜」てことになると思うねんけどなぁー。どうなんやろ?


と、突然、グレンフライの話にフライしてもてるけども(笑)


知らないことへのコンプレックス
劣等感、恥ずかしさ、、
そんなものがない世界でアーティスト達の才能を享受できたら…

そんな世界ではアーティストが育たない?
そういうこととちゃうんとちゃうかなぁー
と私は思うねんけど、、



ま、今日のところはこの辺で。


posted by maurizio at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

いっそ何もなければ良かった… そんな過去をそっとハグ

昨夜は就寝前シャワーを浴びながら井上陽水さんの『とまどうペリカン』を口ずさんでいました。どうやら私は「憤り」のようなものを感じた時にこの曲を口ずさんでしまうようです…

【追記:未来には変化します^^→【最近はどうも『Mister Magic』が脳内に流れるようです…(2016.12.06)】

そして「いっそ」という言葉の後には必ず「セレナーデ」が付いて来ます…(『いっそセレナーデ』も井上陽水さんの曲だけれど歌はなぜか安全地帯の玉置浩二さんで耳についています。調べてみたけれど『キツイ奴ら』というドラマのことは知りません。だけどこのドラマに関連して何かテレビで安全地帯が演奏したのをたまたま聴いてしまったのでしょうかぁ?★謎だけれどそれほど重要なことでもないようなのでスルーすることにいたしましょう^^)

いっそ何も受け取りたくなかった…
島の生活: Don't underestimate 2012.02.19

で、井上陽水さんの話かと思いきや?!?
話はデヴィッド・ボウイさんです。笑


僕がデヴィッドボウイを初めて知ったのは『レッツ・ダンス』。1983年。『チャイナ・ガール』『モダン・ラブ』もよく耳に馴染んでいます。それこそベストヒットUSAで聴きまくっていたわけで…

Perspective is everything☆!?


ちなみに『フェイム(1975年)』もよく聴いているけれどこれはたぶん1990年のリミックスバージョンがきっかけだわね〜^^

で、ずぼらな私にとっての自身のデヴィッドボウイ体験はこの程度。。あとは周りの人々の影響で他の楽曲についてもたくさん聞いている…という感じ。。ビジュアルだけならグラム・ロック時代のデヴィッドボウイもよく知っている…とまではいかないまでもそこそこは知っている。。この度、『★』を初めて耳にした時も「これってもしかしてデヴィッドボウイ?」とわかったし♡^^(タネPがYouTubeで再生しているのを見て「へぇ〜、めっちゃもうおじいさんじゃん!?カッコいい!!」というのが私の最初の感想でした♡)で、あとでちゃんと観ましょうねぇ〜と思っていたら、

その矢先に訃報★ですよ…





そして直接の関係はないけれど
↓こちらの記事を拝読して共感したりもしつつ…

「お前は人権の臭いがする」 国と同化、自己肯定の差別:朝日新聞デジタル 寄稿 作家・中村文則さん



これ↑を呟いた時は
↓これを聴いいた後だったか前だったか…

「追悼・デヴィッド・ボウイ」小野島大×柳樂光隆×荻上チキ
https://youtu.be/UwcY8VQ_M8s

後っぽいね。で、↑これの最後に告知された「未読座談会」というのがなんとも魅力的だなー!☆と思っているところで〜(まだ聴いてはない(ちょうど考えていたことの大きなヒントをもらえそう…というか「これよ!これ」ってことになってしまうのかもしれない?という予感??^^)https://youtu.be/iMUdl57gOYM





そして、今は、とにかく、「これが『すべてに感謝』というこういうことなんだろなぁ〜」という感じで〜^^







ちなみに私が昨日の晩に憤っていたのは、「「最高傑作」「関連づけ」「ぜーんぶつながってるんだぜ」」という言葉に対するもので、↓こちらの町山智浩さんの映画評に関連することなのですが、

町山智浩 たまむすび:映画「キャロル」を解説 / デヴィッド・ボウイ追悼 https://youtu.be/v3mH0BipKrA




と、ここで残念ながらタイムオーバー
タイムオーバーで書けなくなる(終了)というのがなんとも私らしい…(くぅー^^)

ま、続きを書くかどうかはわからないけれど、
今日のところはこんな感じだす。



ちなみに町山智浩さんの解説は素晴らしかったけれど、通気口の件だけは自分で映画を観て発見したかったな〜と。。で、やっぱり解説というものは遠回りになっても自力で鑑賞した後に、答え合せ?というか確認?の意味で聞きたいな〜と。。

島の生活: ルーザーではない「なまけもの」を目指して?? 2012.03.01


島の生活: 御用心!ついうっかりで人権侵害!?!?★
島の生活: お気に入りの日々


posted by maurizio at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

七草覚えた2016『椿という名の女の子』残念な私について

第三のモリオ日記記事ラスト3本
年末はパソコンを借りることができず

元旦には借りれたのですが
そして、時間もあったのですが

しかも、あれとあれとあの事を…なんて
わりと具体的に書こうとしていた内容も

頭の中にはあったのですが
どうしても気乗りがせず…★

で、いつになったら気乗りするのかなぁ〜
と、のんびりと待っていたら

今日はなんともう13日
びっくりぽんや〜ん

と、のんきさ全開で迎えている2016年であります☆^^

で、今朝は久々にエンジンが掛かり、Twitterでステキな椿の絵(植物図鑑の見開きの画像で20種類ほどの椿の花の絵が描かれているもの)を見たものですから、本記事のタイトルにもあるように『椿という名の女の子』のことについて書いてみようかなぁ…などと一瞬考えたのですが、そんな準備は到底整っていないわけで…★ だけど、この事を忘れたくはないのでタイトルだけには『椿という名の女の子』を残しておくことにします。

・・・・

そして一日が経ちました〜
明けて本日は14日です。ふぅ♥^^

昨日はなんとかエンジンが掛かり(一時はもう一生掛からないのではないかとも思いましたが^^)、「IL カレンダー」ということで、まずは新年!☆ 新しいカレンダーを設置しました。パチパチパチパチ〜♡ てな。この程度で喜ぶなんて、レベルが低いとお思いか?(実は私自身がこのようなことを「レベルが低い」と考えていたわけなのですが… まぁ この件についてはまた別の機会にいたしましょう。)そして『IL(要る)』について以前に書いているのはもう4年も前のことになってしまうのですなぁー(アッという間だ^^)「IL 鍋敷き」2012.06.09


で、もし頂き物のカレンダーが手に入らなくなったら「イチから作るしかないよね」ということとか、無料万歳!?★みたいなことへの反論とか、まぁ そういうこともイチイチ考えはするのですが、もうそういうことは飛ばしまして〜

「今年は」というか「去年の」と言うべきなのか、もうすっかりワケワカメ状態になってしまっているのですが、クリスマス(今から20日前)の翌日には↓こんなことを思い…


年が明けてからは、ロシアのクリスマスが1月7日であることを知るなど、ますますワカメ化?が進んでおりまして??笑

ほんとうにもうワケがわかりません。。否、正確には「わかっている」のですが、それを言葉にしようとするとまだ間違えそうな気がするというか、次から次へと…ということもあり(まるで心臓の鼓動のように制御が不能というか何というか??)そしてさらに今はそれに加え、デヴィッド・ボウイのことで頭がいっぱいで〜(正確には、デヴィッド・ボウイだけではなく、年末に聴きまくっていたダイアナ・ロスとか、ユーリズミックスのこととか、フレディ・マーキュリー、それにマイケル・・・・全部言葉にするなんて無理だよぉ〜ん♥という感じで^^)


ほんでもって、本当は↑ココから紅白歌合戦!?
そして↓ココへ至るまでに観た映画7〜8本?について、今日は書いておきたいなどと思っておったのですが…


あと、本記事タイトルにもあるように「七草」についてだとか…
あゝ 無理だ。書けそうにないよ。というわけで、とりあえず、映画のタイトルだけはメモしておこう☆

年末年始から振り返ると…


『ナイトミュージアム3』
『海街diary』
『縫い裁つ人』


あとはGYAO!の TIFFANY&CO. PRESENTS『Scene of Love 様々な愛の映画 特集』というやつで紹介されているのが主で…(ハンニバルはちがう^^)下の4本だけかな(適当だ〜)


『ハンニバル』
『女主人の秘密』2008年/イタリア
『イタリア的、恋愛マニュアル』2005年/イタリア

『新しい人生のはじめかた』2008年/アメリカ(舞台はイギリス)
『ウェデイング・イブ 幸せになるためのいくつかの条件』2010?
『ブロークン・イングリッシュ』2007年/アメリカ(NYとパリ)
そして『愛を読むひと』2008年/アメリカ・ドイツ


ちなみに、この中での初見は、『女主人の秘密』『イタリア的、恋愛マニュアル』『新しい人生のはじめかた』『ウェデイング・イブ 幸せになるためのいくつかの条件』『愛を読むひと』。。我ながらえげつない順番で観たもんだと思う。。


posted by maurizio at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

色々と繋がった感が静かに嬉しい夜でありますクリスマス

昨日↓こちらの情報に触れてから、ヴィム・ヴェンダースはんに夢中のモリッツィオです♡^^

ヴェンダース製作総指揮、建築物の心の声を描き出す映画『もしも建物が話せたら』公開|ヴェンダース、レッドフォード、『10万年後の安全』マドセンら6人の監督のオムニバス・ドキュメンタリー - 骰子の眼 - webDICE

建築に特別強い思い入れはないけれど、自分が暮らす住空間には無関心ではありません。また、新国立競技場問題がタイムリーだったこともあって、↑この映画、絶対観たい!と思いました。必ず観ます!いつになるかはわからないけれど… 笑

国指定重要文化財「中村家住宅」
国指定重要文化財「中村家住宅」 posted by (C)モリッツィオ


【新国立競技場問題について触れたブログとザハさん人形】

モリオの今日研19「私の納得(Twitterについて)」2015.09.04
モリオの今日研6「失敗と成功の定義について」2015.07.13
モリオの今日研5「二重構造の日本のドツボ!?」2015.07.13

で、今日は、ヴィム・ヴェンダース」→『ベルリン・天使の詩』→「パウル・クレー、の流れの中で「寛次郎ハウスに行きたいなぁ」なんてことを呟いていたのですが、考えてみたら寛次郎ハウス(河井寛次郎記念館)も立派な建築物ですよね〜

ザハさん建築にもできることならば一度くらい足を運んでみたい!!
中でもグランドシアターは是非とも体験してみたい〜

MAD architects' fluid-formed harbin opera house・・・


↑これを呟いた時には、私の中でパウル・クレーの絵と河井寛次郎のお面が繋がっていて〜(記念館二階の和室の柱に掛けられていたお面(あのお面は岡本太郎にも繋がる…←私の勝手な妄想♥^^)



そして、パウル・クレーといえば…

モリオがイメージした…
『忘れっぽい天使』に似せて描いた… posted by (C)モリッツィオ

これは以前、仕事でショップカードのデザインをさせていただいた際に、一資料としてクレーはんの『忘れっぽい天使』を真似て描いたもの。。で、その仕事のご依頼主である『GRAND BAR』さんにおじゃました時の記事がコレ☆

島の生活: モリオが行く!『GRAND BAR』2013.02.22



そう。モリッツィオ、愛猫チャコリンゲルンとともに旅の途中♪

島の生活: 新企画モリオが行く(最終更新日:2014.10.06)



そしてこの旅は… というか、そもそもモリッツィオ&チャコリンゲルンは映画『ハリーとトント』2010.06.14

「新企画!モリオが行く」がスタート! 2012.12.07

ようやっと完成!モリッツィオ&チャコリンゲルン 2013.02.13
Maurizio & Chakoringern
Maurizio & Chakoringern posted by (C)モリッツィオ


そして映画『ハリーとトント』といえば、小津安二郎の『東京物語(1953年製作)』。で、『東京物語』といえば、ヴィム・ヴェンダースの『東京画(1985年製作)』。東京画 - Wikipedia


そして『東京画』といえば、笠智衆。で、笠智衆といえば、おじいちゃん!(実の祖父が笠智衆はんに似ているのです♡^^)笠智衆はんに似ているということはプーチンはんにも似ている!?

おじいちゃんLOVE!なんて、まるで安倍首相のようですが!?!★


モリッツィオ誕生からのこの約5年間 ☆ 5ヵ年計画?!?


ヴィム・ヴェンダース と ピナ・バウシュの交流の年月… など、まだまだ繋げたいのですが、、んー、ぼちぼち頭が限界だぁー★ この辺りで止めておきます。ここまででだけでも、今日という「満月のクリスマス」の夜に、ここまで繋がった!!大いに乾杯!!という気分でございますぅ… うぅ。笑

で、今、Twitterを覗いてみると、「新国またムダな和解金」なんていう言葉が踊っておりますが、、ゲンナリぽん★ だけど、ひとはひと、私は私の解釈・自分のペースを大切にして、明日からまた新しい「人間」を、できたらいいかなぁ〜♡なんて思います。

人間をする…?


ん。明日からはそんな気持ちで生きてみます! Ciao^^


posted by maurizio at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

いや〜ん、やっぱりウチ、グリムなんやと思うわぁ〜

これはもうホリエモンチャンネルなんか見て
モリエモンチャンネルなんか構想しとる場合やないで〜

という感じ☆!?

第24回東京国際映画祭(2011年)の時の映像だから、もう4年も前のものだけれど、ウチは今日初めて見たやん!感動やん!

第24回東京国際映画祭 - Wikipedia



なぜこの短いムービーに感動しているのかというと、、、

ん〜、きっと全部書ききられへ〜〜〜ん!
ていうか、もう、ほんま、まじで書かんでええのかも〜〜〜

という感じ♡!?


ええ感じやん。。Upside down♪ Boy, you turn me♪ だわな〜

Inside out And round and round

グルグル、グルグル、ルルルルルゥ〜〜〜〜っだ。。ダーッ!

ぬちどぅたから
疲れた時には休むだけ♪ ケケケ posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウチ、ちょっとサガンみたいなとこあるからなぁ〜

字面とムード???
昨日からそんな感じの事をちょっこりと考えております…

まだよく考えきれていなくて、ウチはサガンなんか?それともグリムなんか?という感じで…って感じなんですが、って、どんな感じやねん!?笑♥^^


昨日からTwitterの使い方を変えてみようと
実際にちょっこりと動いてみました。

具体的には、あの人とあの人のミュートを切って…とか、フォローを外して…とか、あらたにこの人をフォローして…とか。。そして「これからは余程の事がない限りリツイートはしないぞ」と決めてみたりなどもしています。。どうなりますことやら〜♡^^

で、そんな中でビックリしたのがホリエモンのツイート★
ちょっとフォローしてみたら来るわ!来るわ!

まず流れて来たのがグルメねた??(で、ゲンナリ★)次はマンガだったかなぁー。とにかく「おすすめネタ」のオンパレード★(ま、ちょっと、オンパレードというのは言い過ぎだけれど。そしてこの印象はのちにまさかの好印象に変わったのだけれど。まぁちょっとここら辺の事は今は触れずにおきます。とにかく、)へぇ〜、ホリエモンってこんな感じのツイートしてはるんやぁーという感じ。。

で、少しじっくりと見てみると、すごくイイこと言ってはるのよねぇー(ちょっとビックリ!^^)

例えば、アルフレッド・アドラーという方の名言を用いて

「暗い」のではなく「優しい」のだ。「のろま」ではなく「ていねい」なのだ。「失敗ばかり」ではなく「たくさんのチャレンジをしている」のだ。 アルフレッド・アドラー - Wikipedia

とか。。あと。。まぁ、同じような事だわな。。つまり発想の転換とか。いつもいつも言われっぱなしでばかりいるな!みたいな??常識を疑え的な…☆なんか普通にイイ感じなのよ。なんでホリエモンって嫌われてるんだろう…?って不思議に思うくらい…

だけど、、だけどね、、ぜんぜん感じが良くないのよ★(もしかして嫌われている理由はココなの!?という感じで。でももしココが理由で嫌われているのだとしたら、嫌うほうにも問題ない??なんてウチは思うのだけれど…?ん〜まだよく分かんない。分かんないんだけれど、分かるまで見ていよう!という欲求には駆られない★不思議。ある意味、不思議な魅力?!?そんな感じ…^^)


で、ホリエモン用語!?にどうやら「ブルーオーシャン」というものがあるらしく…、思わず↑こんなツイートをしちゃったんだけれど。。ちなみにウチが昨日ホリエモン絡みでツイートした内容は「誤解されたらィヤだなぁー」というものなのですが…(あまりにも物を知らない奴に思われそうで…(ちなみに「すしアカデミー」とかの存在は一応知ってますんで〜)ウチが言いたいのはそういうことではなく…)ん〜、なんか変だぞと。。

で、ここで自分でも判断がつかないのが、サガン的な変なのか?それともグリム的な変なのか?ということ。。自分のサガン的要素を否定したいがためにグルムに走っちゃあいけないぞと!?なんか、そんなことを考えつつ、つまりコレは『夢をかなえるゾウ』でいうところの、ブラック・ガネーシャ!? 光があるところに闇がある〜の「悪意にひたる「ダークサイドにひたる」って奴なんだろうなぁと思うのですが…(まだよく分かんない^^)←で、ところでなぜに今頃『夢をかなえるゾウ』なのかと言えば、詳しい説明は面倒臭いので省きます〜笑^^

とにかく思い付いてしまったものは書いておこう…

チーム「汚染水」が歌う『奇形魚がいっぱい』★ なのだ。
大人の階段昇る〜♪★ だ。

H2O/歌詞:想い出がいっぱい/うたまっぷ歌詞無料検索


と、まぁ、プロフィールに「この世のことをお勉強いたしたく…」と書いて始めたウチのTwitterだったのですが、すっかりメモ帳と化している面もあったりなどもしつつ、でもここからが本当の「この世のお勉強」ということになるのかなぁ〜といった感じでごじゃりまするぅ〜(どうなりますことやら〜♡^^)

で、さっき、↓こんなツイートをリツイートとしたんだけれど、、

という訳で、ロケットエンジンのバルブを帝国重工が内製せず町工場が造る日本の匠の昭和な攻防を描いた小説が大受けしている間に、現実の世界ではボーイングが優秀なロシア製のエンジンを丸ごと買うのである。

こんな高級なことウチには分からん。分からんけんども「こういうことってあるんやろうなぁ〜」というのはもう十分過ぎるぐらいに感じています。

で、実は、ここまで書いて来てなんなんですが…、ホリエモンひとりにいろいろ託しちゃっている面もあったりなんかもしているわけで…、まぁ、それはまた追々ということにして。。とにかく、いろいろ、サガンなのかグリムなのかを注意しながら!!笑、って、だからそれはなんやねん!?笑♥という感じではあるとは思うのですが、

どっぷり浸ってみるつもりでいます…

Ciao^^

マトワリツク影
マトワリツク影 posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

日がな一日

さぁ!あと7つだ〜
ちょうど一週間分☆

最後を聖書的な感じ(最初の七日間?みたいな??)で締め括るのもアリかなぁ☆なんて一瞬考えたけれど、なんだか形にばっかりとらわれてしまいそうで、それに来年から「もう書かない」とハッキリ決めているわけでもないし、このままノープランでズルんと行ってみようと思います。

さて、昨日の今日で早速ですが、わたしは実は自分が自転車に乗る時のヘルメット着用の必要性はあまり感じていません。なぜなら街中でフラッと乗る程度だからです。ちょっと市場へ買い物へ行くのに、車道とも歩道ともつかないような道をママチャリでスイッと出かける。その程度にしか考えていないからです。

でも、昨日リンクさせていただいた記事を読んで「いい記事だなぁ」と思ったのは「確かなこと(本当のこと/本心)」だし、通勤や通学などで長距離をそこそこの速さで疾走するような場合(子どもならなおさら)「ヘルメットを被ってほしい」と思います。もし自分がそういう感じで自転車に乗るようになったら被りたいとも思います。


そして今朝はTwitterで↓こんなツイートに触れ、わたしは過去によくこのような言葉に思い詰めさせられて、追い込まれていたなぁ★ということを再確認しました。

それは昨日の『強制収容所を連合軍が解放し、ドイツ人に見せた。女たちは気を失い、男たちは顔を背けた。「知らなかったんだ!」と…。収容者たちは言った。「いいや、あなたたちは知っていた」』を受けてツイートされているもので、


「それは強大な権力を持った独裁者がやったことで、私達にはどうすることもできなかった」と、無力で罪のない一般市民を装うのはやはり狡いでしょう。そういう人間を独裁者に祭り上げた一人一人の責任はどこまでも問われます。今の日本でも同様です。


というもの。

そして、今、

いま新党に名前を付けるならやはり「フォース」ではないか。新党フォース。何をしたいのかよくわからないけど。新党ダークサイドもすごそうだ。

というツイートを見て、大笑いしたので、リツイートしたのだけれど、実はわたしは映画『スター・ウォーズ』のことをあまりよくは知らないのでリツイートを取り消ししました。(ちなみにどの程度知らないのかと言うと、どっかの段階で1本か2本 観て「こりゃ〜最初っから観なくっちゃ!!「人気があるのは当然だね♡」と思ったまんま 観ていない★という状況です…^^)



と、まぁ、これらに関連してあれこれと考えたりなんかしながら、今日も日がな一日何をするでもなく…という日を過ごしました。

・・・Ciao^^

交通安全ヘルメット ーMサイズー
交通安全ヘルメット ーMサイズー posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三モリオ2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする