2010年12月08日

生 沖縄黒飴

Ciao! モリッツィオです。
旅も5度目なら♪少しは上手に♪っつうことで、慣れて来たのがお土産選び☆

いつも留守をお願いしているご近所さんと、必ず旅の報告をするぼくの両親には『生 沖縄黒飴』が定番化しつつあります。

ぼくたちの財布にもやさしく、評判も良好です!


うちのパートナーも、禁煙してからというもの すっかりオバちゃんのように「バッグに必ず飴ちゃんが」状態なので、ぼくたち自身にとっても大のお気に入りです(^_^)

安室のさーたーあんだーぎーと並んで、沖縄に行ったら必ず買うものリスト、堂々の第1位☆

沖縄の定番土産
沖縄の定番土産 posted by (C)モリッツィオ

が、しか〜し!、
 モリッツィオ、見てはいけないものを見てしまった(>_<)

パッケージ裏に書かれた「製造者」欄をよくよく見てみると、
この『生 沖縄黒飴』を作っている会社、三重県伊勢市にあるんだね…

なんか…、

かなりショック…。


ん…、でも、いいっか?!伊勢だから(なにか真相が隠れているのかも?!)

そして、これもアマゾンで買えるんだね…




まぁ もう どうでもいいっか!? おいしいんだから☆

posted by maurizio at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スーベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

やんばるいきものノート

やんばるいきものノート
やんばるいきものノート posted by (C)モリッツィオ
国頭村の道の駅「ゆいゆい国頭(国頭村観光物産センター)」で購入しました。500円也☆

子供向けの、いきもの観察ノートということで、巻末にはスケッチ欄が設けられていて、みつけた日、みつけたときのようす、などが書き込めるようになっている、いわゆる「学習帳」という体裁なのですが、

とにかくなかの挿絵(版画)が素晴らしい!!!

モリッツィオ、一目見て、迷わず購入しました!!!

やんばるのいきものについて書かれた、とっても教育的価値の高いものだから、これはこれでぜんぜん文句はないのですが、子供向けの小冊子にしておくのは、も・っ・た・い・な〜〜〜〜〜い!!!

そのステキな版画の制作者は、・・・
posted by maurizio at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スーベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

「SAVE YANBARU MUI」のエコバック

エコやら、チャリティーやらには、とっても懐疑的なモリッツィオなのですが、このエコバックはイラストがとってもかわいく、つくりも結構しっかりしていそうだったので、土産物として購入しました。

SAVE YANBARU MUI
SAVE YANBARU MUI posted by (C)モリッツィオ
SAVE YANBARU MUI
SAVE YANBARU MUI posted by (C)モリッツィオ

この素晴らしいイラスト、pokke104(ぽっけいちまるよん)yukino ikeshiro さんという方の作品だそうだ。

pokke104 【illustrator:yukino ikeshiro gallery site】

MERAVIGLIOSO!!!
posted by maurizio at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スーベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

那覇空港で買うサーターアンダーギー

すっかりファンになってしまった「安室のさーたーあんだーぎー」☆
あの超かわいい出で立ちの大サイズは首里の店頭でしか買えないみたいですけど、普通サイズのならスーパーや空港でも買えるみたいですね。
モリッツィオも、ひとつ空港で買いました。

さーたーあんだーぎー
さーたーあんだーぎー posted by (C)モリッツィオ


ここまでやるか?!の食べ比べ記事を見つけた!!
やっぱり「安室」なんだね☆

サーターアンダギーを徹底的に食べ比べ! - 沖縄の読み物一切 by ウルマックス


でも、安室のさーたーあんだーぎー、アマゾンでも買えるって知ってました??
モリッツィオ、ちょっとビックリです…
なんか有り難みが…


安室のさーたーあんだーぎー 6個入
安室養鶏場
売り上げランキング: 10454



でも、いいっか!?おいしいから☆

さーたーあんだーぎーの店 安室 - 首里/和菓子 [食べログ]

posted by maurizio at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スーベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

スナックパイン

スーベニアというよりは「ドライブのおとも」に最適!!!

車にのっけておくと、ほんのりと香り、
香ってくれるわりには、外皮が頑丈ときているから、ゴロンとおいておいても平気。(よっぽどのことがないかぎり、汁がたれてぐじゅぐじゅになるなんてことはない)

見た目にも沖縄のムードを盛り上げてくれるし、
いざ食べようって時にも、手で もぎって食べられる。まさにスナック感覚!?

原産は台湾(品種改良)で、収穫の旬は4月〜7月頃とか。

もともとのパイナップルの原産は、中南米。
熱帯アメリカには古くからある作物で、15世紀末に第2次コロンブス隊が発見したときは、すでに中米や西インド諸島などで広く栽培されていた。(小学館「新版『食材図典』生鮮食材篇」より)


生の切ってない果実を保管するときは、逆さまに立てかけるとよいらしい☆
果実の下部に甘みが多いから、それを上部にもってくるんだね…
パイナップル - Wikipedia

自然の恵み、沖縄の恵み、
まずは見た目と香りを楽しんで、存分に いただきましょう(^。^)

スナックパイン
スナックパイン posted by (C)モリッツィオ
posted by maurizio at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スーベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

おくみどり

日本一早く出荷される「新茶」
沖縄県国頭村の奥集落で栽培されている緑茶『奥みどり』

 日本一早い「茶摘み」で知られる国頭村の特産品


茶摘みといえば、なつもち〜かづく、はちじゅう〜はちや〜
と、文部省唱歌の『茶つみ』が思い出されますが、

「夏も近づく八十八夜」とは、いつか?

八十八夜 - Wikipedia

答えは、だいたい5月のはじめ頃ということで、
『奥みどり』の収穫は、それよりも2ヵ月近く早い3月なのだそうです…


日本茶について少し調べてみたのですが、日本茶というものは奥が深い。しかも『奥みどり』だけに…、

と、ダジャレ?で締めたくなるほどです(>_<)

日本茶 - Wikipedia

奥産緑茶
奥産緑茶 posted by (C)モリッツィオ

しかし沖縄といえば「さんぴん茶」「うっちん茶」、あとは「ゴーヤ茶」などが有名で、緑茶は影が薄いような気がしていましたが、ちゃんと栽培されているんですね(^_^)

新茶の収穫がはじまる3月頃から、本土での収穫がはじまる5月頃までの2ヵ月間については、特に土産物としての価値が高まりますね。(加工にはどれぐらいの日数がかかるのかな??)



ところで「日本茶」と「緑茶」って、どう違うのでしょう??

緑茶 - Wikipedia

モリッツィオ、初歩の初歩から勉強です(-_-)

茶 - Wikipedia

奥の風景
奥の風景 posted by (C)モリッツィオ
posted by maurizio at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スーベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

しりしり器

しりしり
しりしり posted by (C)モリッツィオ

「沖縄の台所」と呼ばれる沖縄県那覇市の平和通り周辺、土産物としてひと際目をひいたのが、この『しりしり』でした。

テレビかなにかの影響なのでしょうか?、前回の沖縄で(2010年4月)かなり大々的にフューチャーされているような感じを受けました。

ぼくはこれを何に使う道具なのか、まったく知らなかったのですが、本で見たことがあるというぼくのパートナーが「にんじんをおろすやつだよ」と教えてくれました。

ほ〜、そぅか〜、いわゆる便利グッズ的なもんか〜、

と、普段そういうものをなるべく避けた生活を心掛けているので、一旦は通り過ぎました。

しかし、何度も通りを歩き回っているうちに、店のおばあたちの呪術にかかってしまったのか!?、最後には「買わなければならない」という気持ちになってしまって(笑)
ひとつ買って帰ってきました。

最初はこれを眺めているだけで沖縄の景色を思い出し、それだけで満足という、完全に「オブジェ」と化していたのですが、いざ実際に使ってみると、これがグー!
かなりグー!

グ〜、グ〜、グ〜、きっとグ〜!(あなたにも)


って、これ誰だっけ?

 そぅか、エド・はるみさんだね。
  そしてお顔が松坂慶子さんに似てはるから、
   松坂慶子さんの『愛の水中花』に瞬間的に移行したんだね…


だって淋しいものよ、すれないなんて〜

   これはグ〜!、たぶんグ〜、きっとグ〜


ほんとグ〜です。
 だって、包丁で切るのと、ぜんぜんお味が違うんだもんね!?

切り方で味が変わるということは、わかってはいたけど、
これほど簡単にできてしまうとは、侮るな!しりしり〜、ひいては便利グッズ、ということなんでしょうか。
そもそも便利だから便利グッズなんですもんね。
いやね、昔、なにかの景品かなにかで、まったく切れないスライサー、しかもセット〜!!!みたいな、大袈裟なやつをもらったことがあるんですよ。これがまったく、見事に切れなかった。
そのことがトラウマになってるんですね、きっと。
だから、懐疑的。
ま、もともとぼくってとっても懐疑的な人間なんですけどね(-。-)
懐疑主義者、たぶんそう、きっとそう、でも難しいことは脳がついてゆけなくなるので、あまり掘り下げないようにしておきましょう、へへへへへ〜

しりしり〜した野菜
しりしり〜した野菜 posted by (C)モリッツィオ

サイズは「大・中・小」と3種類ありまして、
ぼくは本場の「にんじんしりしり〜」よりも、生でサラダとして食す方になんとなく親しみを感じていたので、だったら一番細くカットできる方が良いのかな?と、「小」を購入しました。

あと一品、なんかないか?、という時に、
お野菜をちゃっとすりおろして、ぱっとドレッシングをかけて、

たいへん重宝しています。


最近は、冷麺の具としてもにんじんが活躍しています。グ〜

冷麺はじめました
冷麺はじめました posted by (C)モリッツィオ
posted by maurizio at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スーベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする