2013年05月13日

目標達成!初のサーターアンダギー

初☆サーターアンダギー
初☆サーターアンダギー posted by (C)モリッツィオ

下記のふたつのレシピを参考にさせてもらって
ついにサーターアンダギーを手作りしました!

本場で教わったサーターアンダギー by kmukuchap [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが146万品

: 冷めても美味しいサーターアンダーギー伊沢さん家のレシピCALEND-OKINAWA(カレンド沖縄)

外はサクサク!
中はふんわり軽く♪ おいしくできました〜^^

お菓子作り「とりあえずサーターアンダギーを手作りする!」ことは、本当は去年の目標だったのですがね(笑) まぁ、なんとか、一年遅れで、目標達成です!

ヤッター^^

外はサクサク!中はふんわり〜♪
外はサクサク!中はふんわり〜♪ posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

おいしいゴーヤー茶に挑戦♪

こんなもんかなぁ〜ってな感じで先日初めて挑戦したゴーヤー茶☆ 今モリッツィオが可能な唯一のDIY故、最も大切にしたいアイテムだったりしています。故に張り切っています^^

最近のゴーヤーは小さくて…
最近のゴーヤーは小さくて… posted by (C)モリッツィオ

が、夏本番の間、すっかり追肥を忘れてしまっていたせいか、それとも単純に旬が過ぎたせいか、最近 出来る実はどれも小さくて……。ただ受粉させたおぼえがないのにぽこぽこと大きくなって(小さいけどね^^)、アリ君との共生がはかられているのかなぁ〜とか思いながら、狭いベランダの中での出来事ながら「自然」の神秘を感じて嬉しくなっています。

出た! 阿吽さん妖怪
出た! 阿吽さん妖怪 posted by (C)モリッツィオ

季節の変わり目。太陽の位置が劇的に変化している中での天日干し♪ オセアニア系な感じの妖怪さんにも出会いながら↑、ひとつひとつのピースを丁寧に並べて、引っくり返す。。。この作業を手間で煩わしいととるのか楽しいととるのかで大違いなんだなぁ〜と実感☆ ボクたちはこういう事をムリクリ「煩わしい事」と思わされている節があるようなぁ…


その話はさておき今回「よりよきゴーヤー茶」を作るために気合いを入れたのが焙煎です! 「浅煎り〜中煎り〜深煎り」を実験してみました♪(テフロン加工のフライパンを使用/揺すったり混ぜたりしながら丁寧に行いました^^)


まずは浅煎り☆
ワタと種の部分を先にじっくりと弱火で4〜5分かけてこんがりと色付くまで焙煎。その後、実の部分を加えてさらに2〜3分。ほんわりと香りが立ってきたところでストップ。

ゴーヤー茶*浅煎り
ゴーヤー茶*浅煎り posted by (C)モリッツィオ

これがめちゃ美味しい!


次は中煎り★
浅煎りからさらに弱火で3〜4分間加熱

ゴーヤー茶*中煎り
ゴーヤー茶*中煎り posted by (C)モリッツィオ

ムム、苦味が際立つ感じ。浅煎りの時のまろやかさが感じられない…


で、深煎り☆
中煎りから火を強めて一気に加熱な感じ(3〜4分間)←弱火でじっくりのほうが良いのかなぁーと思いつつ、否「ほうじ茶」の焙煎は強火でと聞いたことがある。ような?無いような? いずれにしてもあんまり違わないような気がしたので一気にやっちゃいました^^

ゴーヤー茶*深煎り
ゴーヤー茶*深煎り posted by (C)モリッツィオ

いっそ深く煎っちゃったほうがボク的には好み! 浅煎りの時の繊細なまろやかさは失われてしまうけれど、それがパンチの効いた香ばしさに変わる♪ アイスで飲むなら深煎りかなぁ〜と思いました。

けど、モリッツィオはやっぱり「浅煎り」が好きだなぁ〜☆

ん〜、美味しいね。ん〜、やっぱり美味しいね。と、何度も試飲している間にホットの状態で全部飲んでしまったからアイスを試せていないんだけどぉー<(>△<)/ ここまでやっといてそりゃあないぜ セニョール!? って感じなんですけどね〜。でもそれほど美味しかったっちゅうことで〜


ちなみに、今回 冷蔵庫の中ですやすやとお眠りになっていたゴーヤーがありまして…(なんと1ヶ月間!!でも腐らずに元気だったんです^^)、それもお茶にしてみたんですけれど、イイ実験になりましたよ〜

ゴーヤー茶(★古いゴーヤーを使用)
ゴーヤー茶(★古いゴーヤーを使用) posted by (C)モリッツィオ

見た目は大差ないのに、香りがまったく無い。(焙煎中も香りが立たないから結果的に中煎り以上煎っちゃいました。)そして味も悪い。(干し草のような味わい?^^) 新鮮な実を使ったものと比べると芳醇さがまるで違うの!

だから、当り前のことだけれど、おいしいゴーヤー茶を作ろう!と思ったら「材料も大切」ってことですね^^

そして前回の教訓から天日干しから焙煎も一気にやっちゃったほうがイイ感じ。果実実が生きている気がします。(特にモリッツィオはちょっと熟れかけの黄色くなりかけた実を使うのがお気に入りだから余計かなぁ〜^^)

でももしかしたら三年番茶のように熟成させる美味しさもあるのかもしれません☆ また来年挑戦してみようと思いま〜す! Ciao^^

ラベル:ゴーヤー茶
posted by maurizio at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ゴーヤー茶に初挑戦♪

大のコーヒー好きだったモリッツィオがコーヒーを断って、
かれこれ1年半以上が経ちました。。。

とか言いつつ、実は今朝はパートナーがインスタントコーヒーで作ってくれたアイス・オーレ(昔風に言うと「ミーコー」っちゅうやつでんな^^ 昭和の神戸の下町が香ります〜)を飲んでいるし、たまにはスターバックスにも行くし、「断った」とは言ってもそれほど厳格なものではなく、とってもいいかげん^^

でもいいかげんくらいがちょうどいいかげんなのよねぇ〜♪

だけど!だけど!開き直るつもりは毛頭無くてですね^^、方向性(自分が理想として向っていこうとしている方向・目的地)だけは見失わないように気をつけているつもりです☆

さて、そんなモリッツィオなんですが、今年は本格的にベランダでゴーヤーを育てたので、新たなDIYが可能になりました!!!

それは、ゴーヤー茶。

フォト蔵のお友達に「おいしいよ」とすすめてもらって
ちょうど熟しかけてしまっていた実があったので試しに作ってみました〜

ゴーヤー 2012.08.08
ゴーヤー 2012.08.08 posted by (C)モリッツィオ

ゴーヤー茶に初挑戦♪ 1/4
ゴーヤー茶に初挑戦♪ 1/4 posted by (C)モリッツィオ

ネットで「ゴーヤー茶 レシピ」で検索するとたくさんのお人が作り方を書いてくださっているので、それらを参考にまずは『天日干し』です↑

モリッツィオの家は片側4〜5斜線の国道に面しているので、これまでなかなか天日干しをしよう!という気分になれなかったのですが、3.11以降そんなことも言ってらんないし★、とにかく自分に出来る事をとにかく自分に出来る形でやってみるしかないじゃない♪♪みたいな感じでやってみました(我が家はオーバーフォーティの人間がふたりいるだけなので気楽なものなのです^^)

で、干し上がって2週間以上放置したものがこちら↓ ★注意!放置させる必要はありません(いやぁ〜、暑かったもんでねぇ〜。次の煎り作業に進むのが億劫で億劫で… で、結果的に放置してしまったのです^^)

この時点でも香りがとってもフルーティ〜でイイ感じ♪

ゴーヤー茶に初挑戦♪ 2/4
ゴーヤー茶に初挑戦♪ 2/4 posted by (C)モリッツィオ

ゴーヤー茶に初挑戦♪ 3/4
ゴーヤー茶に初挑戦♪ 3/4 posted by (C)モリッツィオ

こんなもん?と思いながら自分の勘を頼りに、
テフロン加工のフライパンで乾煎りしました↑

が、どうやらやり過ぎた感じ…★ が!が!が!まさに失敗は成功の元☆

試して初めて自分の勘がどれくらい頼りになるものかがわかるわけだし、飲んだ時に眉間の辺りにちょっと来るイヤ〜な感じはきっと天日干しの後の放置が原因だなぁ〜とか、だけど熟しかけの実を使ったのはかなりナイスだったなぁ〜とか、なかなかソムリエ〜な感覚にも磨きがかかり!?

なにより次はあーしようこーしょうというのがなにより楽しい^^

ゴーヤー茶に初挑戦♪ 4/4
ゴーヤー茶に初挑戦♪ 4/4 posted by (C)モリッツィオ

こうして作ったものを「交換し合う」という事を、今一度「市場」や「貿易」「フェアトレード」といった形の根本に置き換えてこそ初めて、ライフスタイルの見つめ直し・やり直しといったことが可能になるんだな〜 ということをモリッツィオは確信しましたでありますよww

ラベル:ゴーヤー茶
posted by maurizio at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

ちょっとオキナワンテイスト2

Maurizio e Chakoringern
Maurizio e Chakoringern posted by (C)モリッツィオ

Buongiorno! いつもとちがう週末からようやく立ち直り、やっぱりモリッツィオはお家の中でこちょこちょしているのが性に合うなぁ〜

今のボクにはコレ(日常のこちょこちょ)が「要る」ことなんだよ☆

という思いを強くしているところです。。。


で、今年はぜひともチャレンジしてみたい!と思っているのが、お菓子作り☆ 手始めにホットケーキミックスでサーターアンダギーを作ってみました。

ま、手始めですから…

ということで。若干 焦がし気味ではありましたが「低温でゆっくり揚げる」の壁をひとつ乗り越え、次にそびえる「分量をきっちり量る」の壁に挑んでみよう!という意欲がモリモリ沸いてきています☆

なんちゃってサーターアンダギー
なんちゃってサーターアンダギー posted by (C)モリッツィオ

そして そんなことをしている間に、今年も「冷麺(冷やし中華)」の季節がやって来ました! 「しりしり器」を買ってからというもの、わが家の冷麺の具にはしりしりーしたにんじんが定番となりました。

オレンジ色が加わることで見た目もかなり豪華です☆

冷やし中華 はじめました
冷やし中華 はじめました posted by (C)モリッツィオ

そして定番といえば、ゴーヤーのぬか漬けもすっかりわが家の夏の定番です。「リベンジ!ゴーヤーぬか漬け」でリベンジして以来、すっかり慣れたもの! 前は湯通しするのを手間だなぁーなんて風に思っちゃったりなんかしてしまっていたのですが、「この手間で変わる」ということがわかってからは惜しまず出来るようになりました^^

夏の定番☆ゴーヤーぬか漬け
夏の定番☆ゴーヤーぬか漬け posted by (C)モリッツィオ

まずは本格的なサーターアンダギーを作れるようになって、ビシーッとホームパーティなど「ちょっとオキナワンテイスト」で開けるようになりたいなと思います!

posted by maurizio at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

ちょっとオキナワンテイスト

毎日の食事の支度をすることは、モリッツィオの大切な務めのひとつなのですが、時々 劇的に「へたくそ」になる時期があります。

理由は定かではないのですが、まぁ 身体のバイオリズムによるものなのかなぁ〜 と思うようにして、そんな時にはあまり無理をせずお惣菜を買ったりなどしながらのらりくらりとやり過ごすことにしています。

実はここ一週間ほどもそんな最悪の日々。。。

パートナーには味付けが「うすい」と言われ、自分でもよくわかっているから自信喪失で魔のスパイラル…。よせばいいのに味見を頼んだりして、で、難しい顔をされて腹が立つ…★ 節約中の身の上ゆえ、以前ほど気軽にお惣菜を買うことも控えているので(前はよく外食も楽しんでいました)、

どん詰まりです<(>△<)/

が、今朝、
お弁当を作った時に、「じゃがいもとにんじんのナムル風」が大成功して、立ち直りのきっかけをつかみました!(たぶん^^)

じゃがいもとにんじんのナムル風
じゃがいもとにんじんのナムル風 posted by (C)モリッツィオ

いつもはお湯でゆがくだけのナムル風(ゴーヤーのナムル)なのですが、今朝はちょうどいい感じにだし汁(昆布&かつお)が残っていたので、そのだし汁でゆがいてみたら、めちゃめちゃおいしくできたのです!

調味料もちょっと変えてみて、三温糖1:穀物酢1:醤油3:ごま油1
(じゃがいも1個、にんじん1/2本に対して、小さじ1:1:3:1)

じゃがいもとにんじんのナムル風をトーストに
じゃがいもとにんじんのナムル風をトーストに posted by (C)モリッツィオ

だし汁を使うことでこれほど変わるんだね! と、びっくりです<(^△^)/

ほんとはたっぷりの白ごまで仕上げたいところですが、今日はきらしていたので彩りに黒ごまを少々ふりかけました。

トーストにのっけても、きんぴらごぼうのように歯ごたえが良いわけではないから、それほど… ん??? ではあるのですが、「こんな朝があったって良いじゃないか!☆」という程度には十分美味でした^^


そしてこれは↓昨日のお弁当の「ゴーヤーのてんぷら」☆ 衣に細切りにしたハムを混ぜ込み、かき揚げ風にしてみました。

昨日はまだ渦中の人だったのですが、これはそこそこ好評でした。

ゴーヤーとハムのてんぷら
ゴーヤーとハムのてんぷら posted by (C)モリッツィオ

今日のナムル風はじゃがいもとにんじんを「しりしり〜」しているし、昨日のゴーヤーはまさに沖縄の味。(日焼けした身体にゴーヤーがうまい!)

日々の生活の中に取り入れる、ちょっとしたオキナワン・テイストによって、モリッツィオの生活はずいぶんと支えられています。

感謝。

ラベル:料理
posted by maurizio at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

我が家のお雑煮

今年の沖縄の元旦は、
旧暦の12月8日「ムーチーの日」と重なっていたとのことで…

TBS News i |「沖縄の伝統、元日の「ムーチー」の準備」

沖縄タイムス | ムーチー作りに児童ら挑戦

にぎやかそうな明るいニュースに心がほっこり和みました。

そんな元旦の朝、モリッツィオはと言いますと、今年は「自己流で沖縄風のお雑煮」を作って頂きました。沖縄には「正月に雑煮」を食べる習慣がない?ようなのですが、では何が沖縄風かといえば「かつおだし」で「豚肉」を入れたこと。沖縄の料理の特徴はなんといっても豚肉とかつおだしを使うことだと教わったので、自己流にアレンジしてみました。

お雑煮 2012
お雑煮 2012 posted by (C)モリッツィオ

実は自宅でパートナーとふたりっきりで元旦を祝うのは初めてのこと。お正月だからといって特別な買い物をしたのは黒豆だけで、おせち料理!というところまでは手が届かなかったけれど(せめて金時人参くらいは買えば良かったぁ〜)、母たちの見よう見まねで作った自己流のお正月料理は大成功でした!

が、まさか…
お正月早々、むくれた顔をしたおじさんに会おうとは思ってもみませんでしたよ… ↓うっすらと「ム」って感じのおっさんの顔がうかんでいるでしょう?!情けな〜い感じの〜(ちょっと知り合いのKさんに似てるんだけどさ…、笑) 新年早々、縁起がいいんだか悪いんだか?!微妙〜〜って感じですけど、笑う角には福来る!!! がんばりましょうねぇ☆

人面餅
人面餅 posted by (C)モリッツィオ

posted by maurizio at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

ベランダで育てたゴーヤ

番外編「ゴーヤ」2011.10.10
番外編「ゴーヤ」2011.10.10 posted by (C)モリッツィオ

ついに収穫して食べちゃいました!愛しのゴーヤ君☆ ちょっと太り方が「爆発スイカっぽい??」と思ったりもしたのですが…(肥料は、チッソ・リンサン・カリの液肥を2〜3週間に1〜3回のわりで与えていました。)


番外編「ゴーヤ」2011.10.10
番外編「ゴーヤ」2011.10.10 posted by (C)モリッツィオ

実際あけてみるとかなりカスッとしていたのですが、それに我が家のベランダの放射能汚染レベルもわからないのですが、が、ま、しかし、オーバーフォーティの大人ふたりがたったひとつ食べる分に特に問題はないだろうということで(これは完全に自己責任。「完全」の領域を定義するのが難しいところだけれど、ま、一応。それから、一応「念力処理?!」はほどこしました(笑)それにしても、一応、一応、「一応」って便利な言葉だね★)、
やっぱり自分が成長を見守って来たものを調理して食すというのはそれだけで満足感が違うような気がします。


番外編「ゴーヤ」2011.10.10
番外編「ゴーヤ」2011.10.10 posted by (C)モリッツィオ

まずは「ゴーヤ・チャンプルー」☆ 豚バラ肉と木綿豆腐、たまねぎもちょっと入ったモリッツィオ・スペシャル! 関西風にかなり甘め?の味付けです。ちなみに、ゴーヤが入っていなくてもっと汁っぽく仕上げる「野菜炒めのたまごとじ?」を我が家では「簡単すき焼き」と呼んだりもします^^(でもパッとダシの素と塩だけで仕上げる時もあるし、味付けは気分次第♪)


番外編「ゴーヤ」2011.10.11
番外編「ゴーヤ」2011.10.11 posted by (C)モリッツィオ

「天ぷら」にしてお弁当にもイン☆


番外編「ゴーヤ」2011.10.11
番外編「ゴーヤ」2011.10.11 posted by (C)モリッツィオ

そして最後は「中華風あんかけ焼きそば」☆ チャンプルーと同じ、具材はゴーヤ、たまねぎ、豚バラ肉というトリオですが、このトリオは最強なのだ! とか言いつつ、ソーセージを使う時もあるし、ニンジンやらモヤシやらいろいろ入れる時もあるし、モリッツィオの料理は具材も気分次第♪ でも気分って大切よね^^


↓初めてぼくが用意した支柱にツルを巻きつけてくれた日から約3ヶ月間…、存分に楽しませてもらいました。ありがとう!そしてごちそうさま!でした。^^

番外編「ゴーヤ」2011.07.06
番外編「ゴーヤ」2011.07.06 posted by (C)モリッツィオ

ベランダのゴーヤ

ぼくのベランダガーデニング

posted by maurizio at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする